新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

おつきさまこっちむいて」 大人が読んだ みんなの声

おつきさまこっちむいて 作:片山 令子
絵:片山 健
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:2010年01月
ISBN:9784834024784
評価スコア 4.44
評価ランキング 10,552
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 観察眼を育む

    幼児絵本ふしぎなたねシリーズ。
    主人公の男の子の、お月さま観察レポートのような構成です。
    細い様子に、おなかがすいてるの?、などととらえる子どもらしい感性が素敵です。
    どうしてずーっとぼくのあとをついてくるの?という疑問は、やはり共感してしまいます。
    形や明るさなど、着眼点の豊かさはもちろんのこと、その関心の高さに拍手!です。
    まさに、科学の目です。
    幼稚園児くらいから、観察眼を育んでくれる作品だと思います。

    投稿日:2021/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月の満ち欠け。

    新月・三日月・半月・満月。
    月の満ち欠けって小さなお子さんにとっては不思議でしょうね。
    毎晩、お月様を見る習慣ができたら、それはとっても楽しいことかもですね。
    「おつきさまこっちむいて」という題名も愛らしいです。

    投稿日:2020/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おつきさまに語りかける

    片山健さん絵が好きなので、読みたいと思いました。
    帰り道や家の窓など、いろんな場所から見ることのできるおつきさまは、実に様々な表情をしています。
    おつきさまを近くに感じられる、素敵な絵本でした。
    おつきさまに語りかけるというのがいいですね。
    子供たちとゆっくり、夜空を見上げたくなります。

    投稿日:2020/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 片山令子さんが 赤ちゃんとお風呂屋さんへ その時 お月様を見て お話ししていたんですね(9ヶ月の男の子が 「おつきさま」って言った感動!)

    細い三日月様を見て 「おなかが すいてるの ぼくとおんなじだね」
    毎日形が変わるお月様を見て お話ししているの 私も共感できます。

    本当に お月様が ずーっと 自分と一緒についてくるの。 ふしぎですね   経験したことがあるでしょう

    上弦の月(半月) くもで かお あらったみたい  この表現が すごくステキです

    お月様との会話が どれも大好きなお月様との自分の口から出た 言葉で 気持ちを表現しているのが いいな〜と思いました

    生活の中に こうした余裕のある心が、大切だと思いました

    満月を見ながら 家族三にんで 歩いていく幸せが にじみ出ています
     
    私も寝るとき  いつもお月様をみて 会話しています
    少しレトロな絵ですが ほんわかできるお話しでした

    月の満ち欠け絵本も(大枝 史郎)同時におすすめです

    投稿日:2013/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月に対するやさしい感覚

    お月様を見て

    こっち向いてる
    ついてくる

    こどもの時期に気付くことってあります

    どうして?
    と、不思議がるか

    「ぼく」のように
    いろいろ感じるか

    大切にしたい感覚ですよね
    大人の方も余裕がないと
    「当たり前でしょ!」なんて(^^ゞ
    夢も希望もないようなことを
    言いそうです

    自然の現象を
    まるで、人のように感じる気持ち
    大切なことではないでしょうか

    秋の夜長に
    ゆっくり楽しみたい絵本ですね

    投稿日:2013/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの目線

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    子どもの目線から見た「お月さま」がほのぼのと描かれていて、とてもほほえましい絵本です
    大人では気付かない月も子どもは見つけるんですよね
    語りかけるような子どもの言葉で進むお話に、心がなごみますね
    ぜひぜひ親子で読んでほしい絵本です

    投稿日:2012/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしてずっとぼくのあとをついてくるの?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    情緒があって素敵な絵本でした。
    「月がきれい」で、つい目がいってしまう時期ってやはり秋でしょうか?
    主人公の男の子は空を見上げるのが好きなんですね。
    それとも「おつきさま」そのものが好きなのかしら?
    私は中でも、お母さんと二人乗りしている「ぼく」が、お月さまを見上げながら、
    《ねえねえ おつきさま。
     どうして ずーっと、
     ぼくのあとを ついてくるの?》って、とこがよかったです。
    どこのお子さんも、おおかれすくなからこういうことを言われた時期があるのではないでしょうか?
    うちの子どもたちも、移動中、空を見上げては「おつきさまがついてくる。きっと、おつきさまは○○が好きなんだね」なんて言ってたことがあり、懐かしくなりました。
    読み聞かせするなら、秋がいいかな〜。遠目も見やすいので、読み聞かせ向きの絵本だと思います。

    投稿日:2011/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おつきさまこっちむいて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット