なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

さくら」 大人が読んだ みんなの声

さくら 作:長谷川 摂子
絵:矢間 芳子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784834024951
評価スコア 4.83
評価ランキング 134
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • さくらといえば 春と思っていたのですが
    こちらの絵本でさくらの1年間を知り
    どの季節の桜も素敵だなぁ〜〜
    新たな発見となった1冊でした!
    夏の葉桜もみどりがキラキラできれいだし
    秋の桜の葉は紅葉してあかや黄色に変わるのには少しびっくり
    (いかに見ていなかったか、、、)
    冬前には可愛い芽が次の春に備えてぷっくりと☆
    娘には四季を通してさくらはこんな風に変化していくんだよ〜と
    季節を感じながら教えてあげたいなと思います!

    投稿日:2015/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい!

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    今年の春も、桜の花が満開に咲きました。
    幸せなことに、家の窓からはさくらの木が見えます。
    ちょっと散歩すれば、川沿いには桜道があります。
    なんて、幸せ者だろうって思います。

    さくらは、遠くから見ても美しいし、近くで見ても美しい。

    絵本のさくらも、なんと美しいことか!
    詳細に描かれたさくらは、見ていて感動します。
    特に、ひよどりやすずめがやってきて、
    花のみつをすっているシーンが好きです。
    鳥も可愛いです。
    生きてるみたい。

    桜は、花をつけているときが一番輝いています。
    でも、桜の花びらが散ったあとも、
    小さなドラマがいっぱいあります。
    桜、ひよどりやすずめ、せみや小さな虫たち、
    一年を通して、命の輝きがそこにはありました。

    また、来年になったら、新しい花を咲かせるのでしょう。
    今年と一緒のように見えても、まったく違う花です。

    美しい絵に添えられたことば。
    長谷川摂子さんの優しく語り掛けるような文章を読んでいると、
    心地よかったです。

    投稿日:2014/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動

    90を越えた祖母に誕生日プレゼントとして送りました。

    細かく描かれた桜がとっても綺麗で、祖母も見た瞬間に気に入ったようで、あまりの美しさに感動して泣いていました(T_T)

    子どもから、大人まで楽しめる絵本だと思います。

    祖母は「これから毎日この絵本を眺めよう」と言っていました。美しい桜の絵はとても心が癒される、そんな絵本です。

    投稿日:2012/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一足お先にお花見

    満開の花から始まり、散って葉桜になり、新緑、紅葉、落ち葉、冬芽となり、つぼみがふくらみ、また満開の桜が咲くまでが、順を追って描かれています。桜の木自身が「わたし」となって、やさしく季節を巡っていく様子を語ってくれるので、自分もその傍らで、季節を巡ったような気分になりました。またその桜の木の姿の美しいこと。満開の花はもちろん、新緑の木や紅葉、落ち葉の一枚一枚までが、本物のように美しいです。
    桜の花が待ち遠しい今の季節、本の中で一足お先にお花見を体験して、幸せな気分になりました。

    投稿日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「めっきら」「きょだいなきょだいな」の
    長谷川さん作?

    と、桜の見所である「春」だけでなく
    他の季節も、きちんと観察されています
    「冬」も大切なんですよね

    絵がとても緻密で美しいです
    本を閉じると、いろいろな種類の桜が・・・

    自然は本当にすごいと思います
    何があっても、桜は今満開です
    その素晴らしさが、人間の心を癒してくれます

    子どもの頃、どうして「桜」がお花見なのか
    よくわからなかったのですが

    小さいころから、このような絵本に
    出逢っていると、よりいっそう身近に感じるかもしれませんね

    投稿日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • さくらの1年

    “わたしは き
     さくらの き
     なまえは ソメイヨシノ・・・”

    で優しく始まります。


    花が咲いた時の優しさ

    葉桜の時期のにぎやかさ

    秋や冬の春を待つ桜の木


    長谷川節子さんの素敵な言葉でソメイヨシノが語りかけてくるみたい。

    幼児の読み聞かせにはもちろん小学生〜大人までどの年代にも読み聞かせ出来る絵本だと思います。

    2005年のかがくともで出会い購入、2010年かがくのとも絵本第一版購
    只今我が家には2冊あります。

    投稿日:2011/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    日本を代表する桜。桜の事をもっと知りたくてこの本を読みました。この本に出合えてよかったです。桜の1年が綺麗なイラストと共に描かれています。お花見で桜を見るのが楽しみになりました。またさくらの知識があるとお花見が何十倍も楽しめるのではないかと思いました。これから桜を見る目が変わりそうです。

    投稿日:2010/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜の一年

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    ぜひぜひ春によみたい、春にぴったりの一冊です。
    ソメイヨシノの独り言で、桜の一年間を追ってます。

    元は「かがくのとも」の掲載だったようですが
    科学・理科的というよりは、むしろ文学的に感じました。
    長谷川さんの文章がとても情緒的だからです。

    桜が咲いて、散って、葉をつけて、葉が落ちて、また膨らむ。
    このスパイラルに、植物の成長・時の流れを感じました。
    ゆったりとしたときの流れがあるようで、読んでいて心静かな気持ちになりました。
    自分が桜を愛する日本人なんだなーと思いました。

    投稿日:2010/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドラマチック!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    もうすぐお花見。桜の開花前線が、少しずつ北上していきます。
    桜といえば、ピンク色の花、そしてお花見の定番ですが、一年を通してのいろいろな姿を紹介してくれます。
    細かいところまでの正確な描写に、まるで、写真を見ているような…
    そして、『桜』の視点から、書かれた文章は、とてもリズミカルに表現されていて、読みながら、その気持ちにぐんと近づけるようです。

    わたしは さくら ソメイヨシノ

    最初と最後に出てくるこのひと言。どんな気持ちが含まれているのでしょうか。
    裏表紙には、桜の仲間たちも登場。
    さて、今年のお花見は、少し違う視点から楽しめそうです。

    投稿日:2010/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜の花を描いた表紙が美しかったのでこの絵本を選びました。この絵本を読むことで桜の花がどの様に咲くのかが分かるのが良いと思いました。つぼみや葉っぱの移り変わりの様子まで細かく描かれてるのが素晴らしいと思いました。文章も親しみやすくて良かったです。桜を早く見たくなりました。

    投稿日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さくら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / くだもの / めっきらもっきらどおんどん / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット