アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(21) おいしいおかゆ」 大人が読んだ みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(21) おいしいおかゆ 作:富安 陽子
絵:尾崎 幸
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2010年01月
ISBN:9784894325104
評価スコア 4.41
評価ランキング 9,202
みんなの声 総数 45
「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(21) おいしいおかゆ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • おいしそうなおかゆの絵にとても惹かれて読んだところ
    ああ、これは、寒い冬にぴったり
    クリーム色ということは、リゾットかな?
    お鍋が煮えているときって、なんてあたたかくてほっこりするのでしょう
    美味しいものを食べると身も心も温まりますね♪
    でも、欲張ってはダメ。勝手に使うのもダメ。
    シンプルなストーリであるけども、すごく感じる事。学ぶことが沢山!!
    さすが語り継がれるお話は洗練されていてすばらしいなぁと思いました。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しいお話でした

    とても母親思い出優しい女の子の所に急に現れたおばあさんから貰ったお鍋から、貧しい女の子も食べ物には困らなくなって、ほっとしました。
    が、この親子を助けてくれている鍋を一人で使おうとしていたお母さんがきっかけで大変なことに。
    やっぱり一人だけで食べようとしたことへの罰だと思いました。
    子供が帰ってくるのをもう少し我慢して待っていれば、きっとこんなことにはならなかったと思います。
    この本の中でも、いろいろなことを教えてくれていると思いました。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵も物語も好きです

    とてもおしゃれなイラストで、まるで画集を見ているかのようでした。

    内容がとても面白く、最初におばあさんが出てくる場面で、
    もう続きが気になってしまいました。

    お鍋から出てくるご馳走が、お粥というところもいいですね。
    現在の物語であれば、カレーライスやスパゲッティといったところでしょうか。

    最後の展開には、ハラハラしましたが
    コミカルな終わり方で、ホッとしました。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 珈琲色の中世の街並みに蜂蜜色が流れ込む絵がとても素敵です。主人公の少女、お母さん、魔女の表情や服装が中世の時代を思わせながらも古臭くはなく、異国情緒が十分にあります。続きを期待させる結末を、蜂蜜色のおかゆと少女の台詞の力で封じ込めた印象です。

    掲載日:2017/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • とろ〜り

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    全ページためしよみで読みました。

    ちょっと文字が読みにくいなと思いました。
    女の子に不思議なお鍋を渡した不思議なおばあさん。こんなお鍋があったら、飢えがなくなりますね。
    お鍋から溢れ出したおかゆがとろ〜りと町を飲み込んでいく様子が見事です。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お腹がすいてきました。

    グリム童話の中にも、こんなに明るくほっこりする
    お話があるんですね。

    最初はお婆さんの存在感の凄さに圧倒されていましたが、
    だんだん楽しくなってきました。

    今作でデビューされた尾崎さんの絵、
    すごい才能だと思います!

    意外にお母さんがお茶目なのも、ほっこりするポイントです☆

    みんなが「美味しい!」と絶賛のおかゆ。
    読み終わったら、急にお腹がすいてきました〜!!

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • すばらしいごちそう

    おかあさんとふたりで暮らしている娘でしたが、とても貧しくて、とうとう食べるものがなくなってしまいました。途方に暮れていると魔女が現れ、おなべを渡されました。おなべをもらっても、中に入れるものがないと言ったのですが、それは魔法のおなべだったのです。
    ある日、おかあさんは娘の留守中に、おなべを使っておかゆを出します。お腹いっぱいになってきましたが、おかゆはどんどんわきだしてきます。だいじょうぶでしょうか。
    銅版画での絵は、時代を感じさせ、重みのある世界になっていると思いました。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 貧しい家の女の子が魔女からもらった魔法のお鍋は呪文をとなえるだけで、おかゆが出てくるというもの。そのおかゆがとてもアツアツで美味しそうに描かれています。銅版画とのことですが、繊細さが素晴らしく景色や女の子の表情等とっても素敵です!
    お鍋がおかゆ作りをやめる呪文を知らないお母さんがお鍋に呪文をかけてしまったので町中がおかゆだらけになるという大変な事態に。けれど町中の人たちがおかゆを食べるラストにほっこり温かい気持ちになりました♪ おかゆが食べたくなります(笑)

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうな音

    このお話、グリム童話だったんですね!

    だいたいのあらすじは同じですが、私が読んだのはおかゆだったかな?
    タイトルも違ったような…?

    呪文を唱えると魔法のおなべから、トロトロあつあつの、それはそれは美味しそうなおかゆが溢れ出てくるではありませんか!

    グツグツ、クツクツ、
    ポコポコ、モコモコ…

    もう、音だけでお腹がすいてきちゃいますっ!
    あぁ、おいしそう…

    風邪をひいた時に、無性に読みたくなる絵本かもしれませんね(笑)

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が繊細

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    『まほうのなべ』という題の絵本で読んだことがあるお話と同じでした。グリム童話だったのですね。

    こちらは絵が繊細で、森の中の不気味さや、当時の貧しさがじんわり伝わってきました。

    おばあさんは誰だったのか、気になりますね。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(21) おいしいおかゆ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / くだもの / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット