やるもん やるもん にこちゃんがやる! やるもん やるもん にこちゃんがやる!
作: ケロポンズ 絵: 原あいみ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きょうは家族でおでかけです。おかあさんがにこちゃんを着替えさせようとしますが、にこちゃんは自分で着替えたいみたいで…。

王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいの おはなし」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいの おはなし 作・絵:マシュー・マケリゴット
訳:野口絵美
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784198629465
評価スコア 4.78
評価ランキング 480
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 6年生の読み聞かせに

    6年生の読み聞かせにと借りてきました。
    低学年でも楽しめるけど、分数を習う4年生くらいからが、より楽しめると思います。

    この本の中で善人なのはアリとライオンのみ。
    あとの動物は自分勝手で傲慢に描かれているのですが、欲張った分だけ、後で自分で自分の首を絞めることになるので、なんだか憎めません。
    絵も素敵、お話の内容もとても面白く、手元に置きたい好きな本です。
    大型本で輪郭がしっかりした絵なので遠目もききます。

    世界観を壊さずに、途中の数字を隠してクイズを出しながらお話するのは、初心者の私にはハードルが高いので、物語として普通に読み、時間があれば、最後にアリが食べたケーキは何分の一か、クイズをしてみたいと思います。
    【読み聞かせ時間】8〜9分

    投稿日:2019/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子13歳、女の子10歳、女の子8歳

    小学校での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は高学年。6年生を中心に5人来てくれました。

    高学年の読み聞かせでは毎回テーマを決めて
    本を選ぶのですが、今回のテーマは「数・算数の絵本」
    メインになる絵本をホワイトボードに4冊並べて
    最初に来た子に一冊選んでもらって
    それを初めに読むことにしていました。

    一番最初に来たのは男の子。
    で、この本を選んでくれました。
    うっかりしていたのは、この本の数字を
    かくしていなかったこと。
    クイズ形式にすれば盛り上がると、
    こちらのレビューで見ていたのに…
    アリがもらったケーキの分数、聞いてみましたが、
    暗算をあきらめて「えー?わからん」と言うので
    ホワイトボードでさらっと計算して
    答えを言うと「少なっ!」と言ってました。
    倍の倍の方では、カバまで読んでからページをめくる前に
    「さあ、次は象もカバの倍って言うよ。何個かな?」
    と聞きました。すると暗算が出来たのか
    ホワイトボードのさっきの計算を見たのか
    (消さずにおいてあったので)
    みんなで元気よく答えを言ってくれました。
    で、ページをめくって象のページを読みましたが
    象が答えを間違えたところで、みんな笑ってくれました。

    アリとライオン以外の動物は、みんなあつかましく
    高飛車な感じに描かれているので、
    一匹一匹声色や読む速さを変えて
    (例えば亀はゆっくり、インコは早口という感じ)
    それを表現したら楽しいなと思います。

    所要時間約7分ですが、
    クイズをやったらもう少しかかるかな。
    普通の読み物としても十分面白いので
    低学年でもいけますが、やはり分数や掛け算を知っている
    中学年以降の方がより楽しめると思います。

    投稿日:2013/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な数学的知識を楽しく。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    表紙のライオンの絵を見ると「ライオン・キング」(ミュージカルバージョン)のシンバを思い浮かべてしまいます。

    本当の主人公は表紙タイトルの『ケーキ』の字のあたりに、さりげなく描かれている赤いアリです。
    このさりげなさがいいですね〜。

    ナビのテロップの部分でこの本の紹介が流れていて、すごく気になって図書館で探してきました。
    一通り黙読してすごく良かったので、うちの子どもたちに読みました。

    ストーリー自体もよくできていますが、この絵本が高く評価されているのは、お話の中に「数」の考え方(計算の仕方)を導入しているからにほかありません。

    副題にも「はんぶんのはんぶん ばいのばいの おはなし」と書いてあります。
    こんな風に、日常生活の中で使う数学的知識を小さい頃から身近に触れ合っていれば、
    子どもたちの「数」に対する認識も違ってくると思います。

    また、ライオンの王さまがとてもかっこよかったです。
    上司にあたる人がライオンの王さまみたいなら、部下は自分の力以上のものを発揮できるだろうな。とか、考えてしまいました。
    中身のある、実にいい本に出会えて嬉しいです。

    投稿日:2011/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 倍の倍って大きいね

    半分の半分、倍の倍はどうなる?ちょっと算数の入ったお話です。
    でも、題材が食べ物なので、よりわかりやすい。
    アリがケーキを焼いてくるという。そのアリに負けないように、コガネムシはアリの倍の2個焼くという。そして、カエルはコガネムシの倍の4個...そうやっていくと、倍の倍という数は、いかに多くなるかというのがよくわかる。

    そして、でも数ではないのね。
    たった1個を丁寧に思いをこめて焼いてきたアリのケーキが一番おいしくできたのだから...という、そのへんのオチもなかなかで、話としてはとてもおもしろい。
    ちょっと大きい子むけの絵本かな。
    7歳の息子に読んでみましたが、途中からは11歳の娘が興味しんしんにのぞき見ていました。
    倍の倍、半分の半分、ケーキで話すとわかりやすい。

    投稿日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白〜い!算数絵本なんて考えないで

     面白〜い!
     これは、ヒットです。
     かけ算を習う2年生からなんて言わないで、3歳から頃楽しめる作品だと思います。
     算数絵本なんて考えないで、読んで欲しい。

     王様ライオンの賢明で寛大な存在感あるキャラ。
     それに負けぬくらいのアリの品の良さ。
     さらに、礼儀正しく良識ある振る舞いが気持ちいい。

     王様ライオンの食事会にはじめて招待されたアリ。
     食事会の様子には、息子も呆れていました。

     いよいよデザートの時間です。
     大きなケーキを体の大きい動物から順番に、自分の分をとりわけ回していきます。
     ゾウは半分(1/2個)を、次のカバはそのまた半分(1/4個)をゴリラはそのまた半分(1/8個)を…。
     [見返しを見ながら読むのも楽しいかも。]

     さて、アリのところに来たときにケーキは1/512個です。
     粉々になって、ホストの王様に回りませんでした。
     アリは、謝りながら明日イチゴのケーキを焼いてくる約束を。
     すると、負けじとほかの動物たちが……。

     アリの話に耳を傾けるライオンの表情が温かい。
     真剣にケーキ作りに取り組むアリの横顔が美しい。
     
     1・2・4・8・16辺りまでは、可愛いものでしたが、32・64……と並んでいくケーキの絵はなかなかの眺めでした。

     ほんと数って不思議。
     ラストのページが素敵です。

    投稿日:2010/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいの おはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / はじめてのおつかい / どうぞのいす / しゅくだい / どろぼうがっこう / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット