まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぶらんこギーコイコイコイ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぶらんこギーコイコイコイ 作:角野 栄子
絵:小泉晃子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784052032684
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,465
みんなの声 総数 12
「ぶらんこギーコイコイコイ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ブランコ目線の絵本

    この絵本に出てくる『ぼく』はブランコなんです。そう、ブランコ目線の絵本なんです。よーく見ると、表紙のブランコの絵もお顔がちゃんとついてました。かわいい♪こんな絵本初めてです。

    絵がとってもかわいらしいです。お話の舞台はぶらんこが住んでいる公園なので、大して変わり栄えはないのですが、ちょっとした変化が楽しめます。スズメが雛にえさをやっていたり、野花や雲の様子、ブランコの表情少しずつの変化ですが、ページをめくるごとに色々な発見があり楽しめます。

    絵だけでなく、ストーリーもメルヘンでほんわかした雰囲気でこれぞ絵本という感じです。夕やけいろのソフトクリームという表現もとっても素敵。食べてみたいねと、娘と盛り上がりました。

    投稿日:2013/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブランコが呼んでるよ♪

     お話の主人公ははらっぱのはじっこにポツンと立っているブランコです。誰も乗ってくれないので「ギーコギーコ」と泣いてるように聞こえます。

     ある日、雲のソフトクリーム屋さんを発見したブランコ君。何とか子どもたちに知らせてあげようと「ギーコイコイコイ」と呼ぶように音をたてます。

     ブランコに乗せて思い切りこぐと、雲のソフトクリーム屋さんに手が届き、色んな味のソフトクリームが食べられる!たちまち長い行列になるけど、恥ずかしくて並べない女の子が一人・・・

     その子も最後には夕焼け色のソフトクリームをもらえ、ホッと一安心。ブランコもその日から子どもたちの人気者になれました。

     子どもの頃、「ブランコを思い切りこいだら、雲の上に乗れるかな?」と夢を描いたことを思い出させてくれる素敵な絵本です。

     角野栄子さんの夢あふれるファンタジーに、暖かい色調の可愛らしい絵がピッタリで、読んでもらった子どもたちはきっと「雲のソフトクリーム食べてみたい!」と思うこと間違いなし!!

    投稿日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢があって新鮮

    まず、ぶらんこ目線でお話が書かれていることにビックリ。
    子どもたちから忘れられた存在の、かわいそうなぶらんこが、子どもたちに振り向いてもらおうと一生懸命呼びかけます。
    その理由がまたまたビックリ。とても夢のある理由だからです。子どもなら誰もが憧れるはず!
    このお話を読んだ子どもが、雲を見て想像してくれたら素敵だなと感じました。

    投稿日:2010/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぶらんこギーコイコイコイ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット