宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はちかづきひめ」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

はちかづきひめ 再話:長谷川 摂子
絵:中井 智子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2014年09月05日
ISBN:9784834081121
評価スコア 4.82
評価ランキング 187
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵に引き付けられました

    御伽草子の話が基になっているそうですが、私の知っている物語とはチョッと違うようです。
    子どものいない夫婦が観音様に祈りつづけて授かった赤ん坊、産まれた時から頭に鉢をのせられた赤ん坊、何だか昔ばなし風です。
    はちかづきひめに対する継母の執拗な虐待は、白雪姫を思い起こさせます。
    そんな事はおいて、気品のある中井さんの絵は中世絵巻のように、見る目を引き込んでしまいました。
    グリム童話と近いようですが、あくまでも日本的な物語、説話になっていると思います。

    投稿日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はちかづきひめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット