キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ちいさなおうさま」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちいさなおうさま 作・絵:三浦 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784033318301
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,781
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵が美しくて、ストーリーもいい本

    コラージュがとても美しい、スタイリッシュな本(お洒落だけれど冷たい感じはまったくしません)。
    そのセンスのよさで買ってしまったのだけれど、
    ストーリーも、家族のよさをさりげなく描いてあり、ほのぼのして、子どもに読むのはとてもよかったです。

    おうさまがおひめさまと結婚する前の時代はページの地として黒を使用し、
    結婚してからはカラフルな地となり、
    とても効果的に美しく、おうさまの気持ちが表わされています。

    この本は、年齢に応じたいろいろな読み方、会話ができます。
    息子が1歳のときから読み始めたのですが(1歳前半だとストーリーを追うのには若干早く、絵をみて話すという感じでした)、2歳の今でも、そしてこれからもまだまだ楽しく読めそうです。
    たとえば、大きな食卓にはいろいろなお皿が乗っているので、「にんじんがあるね」とか「お寿司だね」とか。
    それから、おうさまとおひめさまには、子どもが10人生まれるのですが、
    そこで使われる色、数字などを息子に教えたり、「この子は何をしているの?」とか、「3番目の子はどこにいる?」とか、話題には事欠きません。

    今のところ、私は、三浦太郎さんの本では、この本が一番好きです。
    赤ちゃんを対象に絵本を作ることが多かった三浦さんにしては、読み手の対象年齢が少し上がったという感じ。
    シリーズが3作続くということを聞いたのですが(「おおきなおひめさま」は出版されました、、まだちゃんと読んでいませんが)、それも期待します。

    投稿日:2013/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルでかわいい

    まだちょっとストーリーは分からなかったけど
    色が鮮やかでかわいらしい絵に
    娘なりに食いついてみてました。

    どんなにお金があっても
    広いおうちに住んでても
    ひとりぼっちはさみしいよね。

    っていうお話の意味が分かるようになったら
    また読んであげたい絵本です

    投稿日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさなおうさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / だるまさんが / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット