宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

こぶたしょくどう」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

こぶたしょくどう 作:もとした いづみ
絵:さいとう しのぶ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784333024285
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,378
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分たちのお店

    息子の興味あるジャンルではないので、手に取るまでに時間はかかりましたが、読み出したらあっという間でした。年長さんにも読みやすいです。
    内容も兄妹で食堂を始めて、一生懸命切り盛りするぶたちゃんたちが可愛いです。
    「きつねさん、仲良くなれて良かったー。」とハッピーエンドに満足げでした。

    投稿日:2015/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵もかわいく文も読みやすい

    年長の娘にも読みやすく、お話も分かりやすかったみたいです。

    始めのうちは私が読み聞かせて娘たちはカワイイ絵を楽しんでいましたが、何度も読んでいるうちに最近は長女自分で読むようになってきました。

    こういう本にこれからどんどん出会って、いろんな世界を頭の中で広げていってほしいと思います。

    少し長いお話を聞けるようになった幼稚園児なら絵もとても楽しめるので、楽しく聞いてくれると思います。

    投稿日:2013/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • お客様のために・・・

    コブタの兄弟の食堂が、お話の舞台です。
    ちょっとすましたキツネおばさんは「コブタの食堂なんて・・・」と、バカにしますが・・・

    このキツネおばさんに「ご招待」を思いつくなんて、サービス精神旺盛ですね。
    そして、風邪をひいたときにはシチューまで。
    それも、そっとおいてくる気遣いです。
    「お客様のために」の気持ちがいっぱい感じました。

    それにしても、どの料理も美味しそう。
    おなかがすいちゃいますね。

    投稿日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こぶたしょくどう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット