宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はたらくじどうしゃ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

はたらくじどうしゃ 作・絵:鈴木 まもる
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1996年
ISBN:9784323021331
評価スコア 4.46
評価ランキング 8,957
みんなの声 総数 25
「はたらくじどうしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とてもいいです!!

    全ページためしよみで、読ませていただきました。
    楽しかったです。ぜひ購入したいと思いました。
    タイトルどおり、いわゆる、よくある”はたらくくるま”の絵本ですが、言葉が、すっきりしていて、心地よいです。
    絵も、とても分かりやすくて、車が紹介されているだけなのに、なんだか喜びを感じます!

    投稿日:2018/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車大好き

    くるま好きの子どもにはたまらない1冊です。あさからよるまで、どんな車がどんなところでどんな風にはたらいているのか、どんな人が利用しているのかなどが、わかりやすく描かれていました。文章量も少ないので、絵を見るだけでも楽しめます。

    投稿日:2017/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子は

    鈴木まもるさんの絵本ですね。「せんろはつづく」が大好きな娘のために読みました。
    女の子なので、働く車にはそれほど興味がないのですが、この絵本には幼稚園バスや移動図書館など珍しいものが出てくるので、そこはとても食いついていました。
    特に小さな子どもたちがたくさん乗ってるバスはおもしろかったようです。
    車よりも子どもに興味がある娘です。女の子ならではの楽しみ方でしょうか。

    投稿日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はたらくじどうしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

よるくま / もったいないばあさん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット