新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくはアフリカにすむキリンといいます」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくはアフリカにすむキリンといいます 作:岩佐 めぐみ
絵:高畠 純
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784035010401
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,635
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大好きなシリーズです。

    このシリーズをきっかけに、1年生の息子は自分で児童書を読むようになりました。それまでは1人で読むのは絵本ばかり、児童書は私が読み聞かせしていました。とても読みやすく分かり易いです。

    退屈なキリンが、地平線の向こうにいる見知らぬ誰かに手紙を出します。お互いに相手の姿を知らぬキリンとペンギンの手紙のやり取りが楽しい。また、ペンギンとクジラ先生、キリンとペリカンのやり取りも面白いです。
    一生懸命想像してキリンが真似をしたペンギンの姿に子ども達は大うけでした。

    このシリーズは全4作、お友達って良いな、と思えるのが第1作目のこの作品です。お勧めします。

    投稿日:2012/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • おてがみの内容がたのしい

    絵本ナビの絵本コンシェルのオススメの本で紹介された本です。息子には少し字が多いかなと感じましたが、文章は読みやすくサクサク読めたようです。
    タイトルのとおりアフリカにすむキリンが暇つぶしに見知らぬ動物に手紙を書くことから始まる話なのですが、手紙をうけとったペンギンの返事が短いのにおもしろくて、コントのような文通が始まります。
    読み終えたら自分のことを書いたお手紙を誰かに書きたくなるかもしれません。

    投稿日:2019/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • キリンとペンギンの文通

    キリンが誰かに手紙を書こうとしてペリカンに配達を頼みます。

    届いたのはペンギン。

    その返事をみてペンギンを空想して仮装までしていくキリンが面白い。

    しかも、水玉か、シマウマのような模様か、とか考えて、、、。

    でも最後は友情を交えて、ハグして、心温まるお話でした。

    そして、今度はクジラ先生が誰かと文通です!子供は笑いながら話を聞いていました。

    投稿日:2015/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくはアフリカにすむキリンといいます」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット