新刊
こころにいつくしみ の種をまく

こころにいつくしみ の種をまく(評論社)

ダライ・ラマ14世初めての絵本!

  • 学べる
  • 役立つ
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

さよならをいえるまで」 大人が読んだ みんなの声

さよならをいえるまで 作:マーガレット・ワイルド
絵:フレヤ・ブラックウッド
訳:石崎 洋司
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2010年06月
ISBN:9784265068241
評価スコア 4.41
評価ランキング 11,400
みんなの声 総数 16
「さよならをいえるまで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 良いお別れの仕方ができて良かった

     愛犬の死との向き合い方を考えさせられる作品でした。
     父子家庭なのでしょうか?
     少年ハリーと愛犬ジャンピーのぬくもりを求め合う優しい関係が微笑ましかった。
     唐突なジャンピーの死という現実を受け止められないハリー。
     人は大きな悲しみに出会うと放心状態になるものだと、改めて教えられます。
     失ったもののぬくもり・におい・声どれも恋しくて、やるせなくて。
     そんなハリーの悲しみに寄り添うお父さんの深い優しさ。
     ハリーがジャンピーの死を受け入れ、彼なりのお別れの仕方を終え納得するまで見守ってくれた様子に感動しました。
     ジャンピーの姿が、ぼんやり・冬の霧のようにおぼろげという表現や、体が冬の夜のように冷たいという描写に読んでいて涙がこぼれました。
     エンディングのハリーの言葉に、良いお別れの仕方ができて良かったと思いました。

    投稿日:2010/07/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • 逝ってしまった側の悲しみ

    いつものようにそこにいて、
    迎えてくれると思っていたジャンピーの突然の死。

    残酷で悲しい現実をなかなか受け止められない少年が、
    のこされた側の悲しみから、
    突然別れざるを得なかった、
    逝ってしまった側の悲しみに気付きます。
    はかなげなジャンピーを表す絵や文から、
    少年とジャンピーの悲しみがひしひしと伝わってきて、
    涙が溢れそうになりました。

    心の準備もないまま、愛するものの死と直面しなければ
    ならない現実も時にはあるということ。
    まだ幼い息子には先になりますが、
    そういったことを知っておいてもらいたいと思いました。


    投稿日:2012/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛犬

    タイトルに惹かれて選びました。

    愛するジャンピーが突然の事故で亡くなるなんてやっぱり直ぐには死は

    受け入れないと思いました。

    昨日まで元気だって毎日一緒に遊んでいただけにやっぱり信じれないと

    思いました。ジャンピーだって心はいつもハリーの所にあって成仏でき

    ていなかったと思います。ハリーなりに、愛犬の死を受け入れられてよ

    かったと思いました。生あるものはいつか死が訪れますが、私は考えた

    くないです・・・・・・・

    投稿日:2011/10/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 家族の死

    ペットの死と、それを少しずつ受け入れていく男の子のお話です。

    ペットを家族の一員として愛するハリー。
    ある日、突然の事故で犬のジャンピーは死んでしまいます。
    なかなかジャンピーの死を受け入れられないハリーの姿は、読んでいて痛々しくなりました。

    ハリーを見守る家族も温かです。
    無理やり忘れさせようなどとはせずに、静かに時間が解決してくれることを待っているようです。

    我が家にはペットはいませんが、家族との別れということでは、ペットの有無は関係ないのでしょう。

    投稿日:2011/09/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子犬のジャアピーとハリーはとても仲良し ハリーは本当にジャンピーが大好きで 二人の間には 愛情が生まれています。
    そんな 二人なのに・・・・
    ジャンピーは事故に遭い死んでしまうのです。
    あまりに突然のジャンピーの死をどうしても受け入れられず悲しむハリーの気持ちが 痛いほど分かります!

    お父さんは優しくハリーに接してあげます。 お父さんも悲しいのですが・・・

    そして ハリーはジャンピーの死を受け止めて 「さよなら」を言うのですが そこまでには心の整理がいったでしょうね!(その様子が痛いほど分かりました)

    絵もステキでした。 ジャンピーとの楽しかった様子・悲しさがとても伝わるります
      
    学校で 友達にも言えない心境、悲しくて涙しました。

    ラストの絵は父子の生活感 ジャンピーのお墓の前にいるハリーの悲しさが伝わり泣けました・・・・

    死に向き合う悲しい絵本ですが ステキな描き方でした

    投稿日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 別れはさびしいです

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    デッサンのような描き方が印象的で、特に犬の動き方が生き生きしていて素晴らしいです
    題名からきっと悲しい結末が待っているんだろうなという予測はつきましたが、もっと抒情的でジャンピーの優しさが隅々まで伝わってきて、納得のいく話の流れでした

    大事な物の「死」を受け入れるのはたやすいことではありません
    時間は絶対に必要だということも証明してくれました

    心に残る一冊になりました

    投稿日:2011/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こころがまえ

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    じき犬を飼いたいをいいだすであろう娘のために、購入しておきました。
    大好きな飼い犬が死んでしまう現実を受け入れなかった主人公。
    犬の幽霊が出てきて、楽しい時間を過ごすうち、やっとさよならする気持ちになれます。
    かわいいだけじゃない現実を、取りあえず本で心構えができるようにさせたいです。

    投稿日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さよならをいえるまで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



5月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット