新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

海と灯台の本」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

海と灯台の本 作:マヤコフスキー 文
絵:ポクロフスキー
訳:松谷 さやか
出版社:新教出版社
税込価格:\2,090
発行日:2010年08月
ISBN:9784400750024
評価スコア 4.44
評価ランキング 10,366
みんなの声 総数 8
「海と灯台の本」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 時間を経ても語りかけるものがある

    このところ、新刊本の中に、発表された国では相当に古いと思われる本があるのに気付くことがあります。

    この絵本もそんな一冊です、『この本読んで』の冬号には「1920〜30年代 黄金期の絵本」として紹介されていました。

    海と灯台のことを描いてありますが、やはり心に残るのは

    「子どもたちよ

     灯台のようであれ!
     
      くらやみで航海できない人たちのために

       明りで 行く手を 照らすのだ!」

    という一節です。

    数ある絵本を読んで、子どもたちの心に残るのは、絵であったり言葉であったりだと思います。

    子どもたちだけでなく、大人も、先を照らす明りのようであったらいいなあと思いました。

    色使いも絵も今時のものではありませんが、その当時の人々の暮らしや考え方を垣間見ることができます。

    良いものは、時間を経ても語りかけるものがある、そんな風に思いました。

    投稿日:2010/12/23

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「海と灯台の本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット