おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!? おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!?
作・絵: トロル  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ゆきやまのスキー場からいらいがとどいた。なんとゆきやまにでるかいぶつをみつけてほしいというのだ。はたして、かいぶつは…。

シニガミさん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

シニガミさん 作・絵:宮西 達也
出版社:えほんの杜
本体価格:\1,280+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784904188095
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,456
みんなの声 総数 123
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆるキャラのような絵に誘われて読みました。

    今まで息子と読んでいた、赤ずきんちゃん、3びきのこぶた、7ひきのこやぎ。
    いずれもオオカミは悪者で、みんなを食べてしまったあと、オオカミ自身も痛い目をみたり死んでしまったりというオオカミにとってハッピーでない結末になってしまいます。
    この絵本もオオカミはハッピーエンドになれないのかしら・・・。

    息子と一緒に読んでいたら、各ページのいろんなものになっているシニガミさんを探して喜んでいました。
    読み終わった後、すぐに「もう一回!」と言ったので、気に入ったことがわかりました。

    私も素敵なお話と、ゆるキャラっぷりの絵に心温まりました!

    投稿日:2013/02/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • まじめに生きようっと

    • くまひょいさん
    • 40代
    • パパ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子2歳

     初めこの本を見た時、何て嫌な題なんだろうと思いました。シニガミさんなんて…死という事を大人の自分でも考えたくないし、ましてや子供に死ぬという事を教え理解してもらえるか?お婆ちゃんとばば婆ちゃんを去年亡くした家の子供達には、少しだけ「死んでしまう」という事が分かるみたいですが、とても難しいと思いました。
     この本は、オオカミの命をつなぐ食物コブタとの二匹のやりとりに、深く吸い込まれる様に読みいってしまいます。オオカミの心の移り変わりが、本当に面白いと思います。途中で、やっぱりなぁ〜なんて自分の想像で悲しい思いをしたり…。また最後には、心温まる感動が待っています。物語も良いけど可愛らしい絵も大好きです。ホント良いですよ!
     私も「まじめに生きなあかんよ」と教えられました。

    投稿日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    3
  • 心打たれました

    • 土筆さん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子7歳、女の子4歳

    4歳と7歳の子供たちに読みました。
    読み聞かせているうちに、私は涙声になってしまいましたが、
    二人とも最後まで静かに聞いてくれました。
    子供たちは小さいながらに生と死に関して興味を持っています。
    それに応えてくれる絵本だと思います。
    奥が深いです。

    投稿日:2013/01/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱり気になるこの表紙

    テーマは「死」。
    4歳の娘には、早すぎるような気がして避けていましたが、
    「やっぱり気になるこの表紙」と手に取りました。

    コワ悪キャラ、でも、誰よりも優しくて不器用で・・・
    「宮西さん」ですよね。
    やっぱり、読みながら涙が出そうになりました。
    娘は「シニガミ」の意味は分からず、
    「うわぁ、ここにもいてる」などと喜んでいました。

    現実には、
    この本のようにハッピーエンドにならない時もありますが、
    「希望と強い思いが、時には奇跡をうむこともある。」
    そんなメッセージが込められているように感じました。
    そして娘には、この本を通して、
    希望を失わない前向きな気持ちを伝えていきたいと、思いました。

    投稿日:2011/03/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほんわか

    4歳の子にはシニガミさんがピンと来ていなかったようだけど、ぶたさんとおおかみさんのやりとりは、とてもほんわかしていてよかった。

    投稿日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不運を幸運にかえる力

    どんな結末が待ち構えているかと思えばそんなラストとは!
    『死神』というからには冷酷非道なイメージがあったのですが
    なんとも人間味あふれるキャラクターですね。
    シニガミさんをそんな気持ちにさせたのも
    オオカミさんの力でしょう。
    (そしてそんな気持ちにさせたのはコブタくんの力です。)
    どんなに辛くっても無理そうでもあきらめず、笑いを忘れないことが
    不運までも幸運に変える力になるんでしょうね。
    これは深イイ話ですねぇ。

    子どもは「オオカミさん、やさしいね」と
    自分以外の者を本気で心配する心を
    ちゃんと読み取っているようでした。

    表紙のしかけもナイス!です。

    投稿日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「シニガミさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / キャベツくん / なにをたべてきたの? / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット