ピンクのれいぞうこ」 大人が読んだ みんなの声

ピンクのれいぞうこ 作・絵:ティム・イーガン
訳:まえざわ あきえ
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784893259240
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,941
みんなの声 総数 46
「ピンクのれいぞうこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 自分で気付く大切さ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    ピンクの冷蔵庫わりには
    派手さがなく、落ち着いた色使いだなぁ・・・
    と、図書室で気になって手に取りました
    じっくり読むためにお借りして

    これは、こどものために書かれたのでしょうか?
    こどもかな?
    こどもはもちろん
    マンネリ化した生活を送ってしまう
    大人にかな?
    かなり深いように思いました

    まず、びっくりしたのは、リサイクルショップ経営!?

    メモと、冷蔵庫の中味
    それに挑戦していくネズミのドズワースさん

    それと、絵には「海」
    本でも「海」・・・

    可もなく、不可もない生活から
    一転、刺激的?挑戦する気持ち
    そして、充実感を味わうという経験

    でも・・・

    終わり?ではなく
    自分で探すことに気付くという

    1番大切なこと=どんどんやってみよう

    ということそれがドズワースさんにとっては

    「ひろいせかいを見てきます」

    素晴らしい!
    冷蔵庫に挨拶してから出発するところも素敵です!

    投稿日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    4
  • 生活を豊かにするヒント

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    全頁立ち読みで読ませていただきました。

    ネズミのドズワーズ君は、仕事もそこそこで平凡な毎日を送っています。
    しかし、ある日突然現れたピンクの冷蔵庫の張り紙のとおりにしてみたら・・
    本を読んだり、絵を描いたり、演奏したり・・
    何か生活に張りができてくるのです。

    人生が楽しくなる・豊かにできるヒントって
    どこにでもあるんだなーと改めて思い知らされた気がします。
    子供たちにもですが、大人の私も新年ですし何か今年は新しいことをしてみようかなー
    という気持ちにさせてもらいました。





    投稿日:2012/01/16

    参考になりました
    感謝
    2
  •  「まじめなフレッドおじさん」のイーガンさんの作品です。

     主人公のねずみのドズワースさん(フレッドおじさんの目とそっくり!)は、リサイクルショップ店を開いています。
     時間がある時には、ぼうっとしているのが好きで、朝早い仕事の後は、午前中はテレビ・昼食・昼寝・夕食そして店を閉め、またテレビ。
     テレビが好きなんだな〜、ん?アメリカの作品かな?と思い、ここで奥付を見て、イーガンさんはアメリカの方と確認。
     まさに、ドズワースさんはカウチポテト族です。

     そんなドズワースさんが、ガラクタ置き場で見つけたピンクの冷蔵庫。
     冷蔵庫を持ち帰ると思ったら、冷蔵庫にくっついている“地球の形をしたマグネット”のほうに手を伸ばしますが、外れません。
     そのマグネット”には、“絵をかこう”の紙片が挟んでありました。
     ???でしたが、そうか冷蔵庫ですものね。
     開いたら、絵の道具が入っていました。
     この絵の道具を売り物にと、喜び持ち帰るドズワースさん。

     ここから変わっていくドズワースさんの生活スタイル。
     ワクワクしながらドンドン読み進めました。

     読後、これは結構深いメッセージを大人にも向け発信しているように感じました。

     限られた情報をあてがわれ、行動まで操作されかねないものからの脱却を見事に果たしたドズワースさん。
     充実した豊かな時間の過ごし方ができることを祈ります。
     
     “地球の形をしたマグネット”がキーワードだったのかな?
     まずは七つの海へ、でしょうねぇ〜。

    投稿日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • ドズワースの表情が可愛い。

    ピンクのれいぞうこ という可愛いタイトルにひかれて読みました。

    繰り返しでとても読みやすく、いろいろなものにもっとチャレンジしてみよう、いろんな景色をもっとみてみよう、そう思える絵本でした。

    たくさんのことを経験していくことで、人は豊になるのだと感じました(^_^)

    投稿日:2012/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • リサイクルショップのお店の ドズワースさん ぼうっとしているのが好きで テレビを見るのが好き
      そんな彼がガラクタおきばで見つけた ピンクいろの冷蔵庫 しかも 地球の形のマグネットの下のメッセージ これが みそなんです。

    絵をかこう  本を読もう 演奏しよう 料理をしよう 庭をつくろう
    どんどんやってみよう  
    こんなメッセージが次々書いてあり  それをこなしていくのです
    すると 楽しくなるのです

    今までの自分なら あまりいろいろなことをせずに 過ごしていたのに・・・・
    ドズワースさんが 変わっていくのです。 いろいろする事に喜びを感じるんですね!

    人間の生き方への メッセージですね 
    私にも 貴方にも  この絵本を読んだ人への メッセージが込められて なかなか おもしろいのです

    もちろん 自分でやるかやらないかは 決めるのですがね
    ピンク冷蔵庫の不思議 
    「ひろいせかいを見てきます」
    どんな 世界をみてくるのかな? 世界が広がりますね!
    お話の展開がステキデスね!  夢がある!

    投稿日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み終わると何かがしたくなる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    ガラクタ置き場に捨てられていた錆びついた『ピンクの冷蔵庫』。
    なかなかドキドキする設定です。
    主人公のドズワースが行くたびにメッセージが変わっている冷蔵庫につけられた古びた紙切れと、毎日メッセージが変わるたびにそれと関係あるものが入っている冷蔵庫の中身!

    絵が可愛く字も少ないので、低学年の子どもたちにも薦めたくなりますが、
    書いてある内容は意外と歳を重ねた大人や、小学校高学年以上の子どもたちの方がいいような気がしました。
    読み終わった時、何かがしたくなる絵本です。

    自分探し。希望や情熱を見つけられるかもしれない。素敵な可愛いピンクの冷蔵庫に、私も出会ってみたいです。

    投稿日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後の挨拶

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    なかなか渋い雰囲気でしたが、奥の深〜いお話でした。
    大人や小中学生のお子さんが読むと、色々感じる所がありそうです。

    いつもと同じ日常を、単調に見えるかもしれないけれど“丁寧に丁寧に”過ごす。
    それもまた上質なことで、大事なことであると私は思います。
    でも、惰性であったり時間の浪費であったりする状況は、避けたいものです。
    主人公は、後者の状態だったのかもしれません。

    そんな中でピンクの冷蔵庫からのメッセージを受け取り、
    毎日の過ごし方が変わり、いつしか考え方も変わっていたのか、
    最後には自分の意思で行動を起こす姿に拍手です!

    旅に出る前、冷蔵庫に挨拶をするというのがまた心憎いです^^

    投稿日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんでもチャレンジ!

    素敵な冷蔵庫です!

    ドズワースの毎日がどんどん変わっていくのが楽しく、
    最後も予想通りの展開でした。
    『ほらっ』と背中を押してくれる…そんな絵本です。

    冷蔵庫ではないけれど、私達のまわりにも
    励ましてくれたり、気づかせてくれたり、後押ししてくれる
    人やきっかけってたくさんあります。
    でも、なかなか 腰をあげれない自分がいたりもします。

    可能性は無限!!
    どんどん やってみよう!!

    ドズワースと一緒に広い世界を見にいこうと思います !(^^)!

    投稿日:2011/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 世界を見るためのチケット?

    作者の名前・・・どこかで聞いたような・・・と思ったら、
    以前読んだ絵本「まじめなフレッドおじさん」の作者だったんですね。

    今回は、ぼうっとしているのが好きな、ドズワースのお話。

    どうやら、ガラクタ置き場でまだ使えそうなものを拾ってきて直し、
    自分のリサイクルショップで売って生計を立てているようです。
    なんだかとても現実的(笑)

    そんなドズワースがいつものようにガラクタ置き場へ行ってみると、
    ピンク色のさび付いた冷蔵庫が1台ありました。
    その冷蔵庫が、ドズワースの生活に新風を巻き起こすことになります。

    なんといっても、不思議なのはこの冷蔵庫。
    マグネットでメモが留めてあるのですが、冷蔵庫の中にはなんと、
    そのメモにちなんだアイテムが入っているんです。
    「高く売れるぞ!」と持ち帰ったドズワースでしたが・・・

    ここまで読んで、リサイクルショップの経営振りのお話なのかと
    思ってしまったのですが、なぜかドズワーズは、持ち帰ったものを
    売る気にならないんですよね。

    これって、もしかして冷蔵庫の魔法??
    冷蔵庫の中から出てきてアイテムが、平凡だったドズワースの生活に
    少しずつ変化をもたらします。

    絵本の中では、ドズワースはねずみの姿で描かれているのですが、
    私にはなぜか1人の人間にしか思えず、人間に置き換えて絵本を読みました。
    世の中には、ドズワースのように平凡な毎日に満足してしまって、
    何かをやろうという気さえ起こさずに過ごしている人が何人いることか。

    ピカピカに磨かれた地球の形のマグネットとあのメモは、きっと
    世界を見るためのチケットだったのではないでしょうか。

    いつもの景色も、気の持ちようで別な景色に感じるもの。
    行動を起こせば、もっといろんな景色が見えてくるもの。

    絵本を通して、作者のそんな思いが伝わってきたように思います。
    毎日を平凡に感じている大人に、是非読んで欲しい一冊です。

    投稿日:2011/02/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 深いな〜・・!

    子供より大人におすすめな気がします。
    なんとなくドズワースが自分に似てる気がしました。笑
    変わらない日常もいいかもしれないけど、勇気を出して
    行動することが大切なんですよね。
    子供は次は何が出てくるのかな?とそこが楽しみかもしれないけど
    子供は子供なりに最後のメッセージを読み取ってくれるんじゃないかな?と思います。

    投稿日:2011/02/03

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピンクのれいぞうこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット