宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

とけいのえほん」 大人が読んだ みんなの声

とけいのえほん 作・絵:とだ こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年
ISBN:9784924710405
評価スコア 4.15
評価ランキング 19,022
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 時計

    シンプルで、時計が凄く見やすいです。午前1時に始まって24時間一日の流れがわかります。無理にとけいを教えなくても、この絵本でとけいに興味がわいてきそうです。午前と午後の区別も風景と数字でわかり「とけい」を意識します。

    投稿日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵でわかる時間

    時間に追われて毎日どたばたと過ごしていると、つい忘れがちになるのですが、時間にはそれぞれ表情があるんだなと改めて感じました。

    絵はシンプルでわかりやすく、洗練されているなと思いました。時計の見方がまだわからない小さな子どもでも、絵を見ながら感覚的に時間を理解できる楽しい本です。同じ数字でも、午前と午後の違いがはっきりわかるのもいいところだなと思います

    投稿日:2008/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とけいのえほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / めっきらもっきらどおんどん / キャベツくん / からすのパンやさん / どうぞのいす / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット