宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ごちそう くろくま」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ごちそう くろくま 作・絵:たかい よしかず
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784774317755
評価スコア 4.36
評価ランキング 11,727
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 料理って楽しい

    「ピンポーン! くろくまくんに おにもつですよー」
    玄関のチャイムがなって、おじいさんから荷物が届くと、中はおじいさんの畑でとれたかぼちゃ。とても大きいので、くろくまくんは、さっそく何をつくろうか考えます。

    カボチャスープでもコロッケでもプリンでも、おいしそう!!

    おいしいものを作って食べたくなる絵本でした。

    ハロウィンには特におすすめです。

    投稿日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行列が可愛かった

    おじいちゃんから届いたかぼちゃを使って、くろくまくんが何か作ろうとしています。スープにしようか、コロッケにしようか、と迷うくろくまくん。
    そんなにたくさん送られてきたわけではないのに、想像しているうちにたくさんかぼちゃがあることになっていて笑えました。
    行列ができるシーンがあるのですが、その様子がとっても可愛くて、ずっと眺めていたくなるほどでした。
    この作家さんは、キャラクター作りがとってもお上手だなと思います。

    投稿日:2016/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ごちそう くろくま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

つみき / うんちっち / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / くだもの / ねないこ だれだ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット