新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

きょうりゅうのたまご」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

きょうりゅうのたまご 作・絵:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2000年04月
ISBN:9784198611774
評価スコア 4.53
評価ランキング 7,040
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 恐竜のたまごはどこにある

    夢と現実が入り交じった楽しいお話だと思います。
    恐竜と恐竜のたまごを探す冒険で、ちょっとした地底旅行が楽しめました。
    本物の恐竜だったら、形だけの恐竜たちには興味を持てないし、博物館で骨格を見ても悲しい気持ちになるのは、当然ですね。
    恐竜が恐竜の子どもと去っていくシーンは、ちょっと感動的でした。

    投稿日:2020/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の醍醐味!

    小学1年生の娘が,自らこの絵本を選び一人読みしました。
    イラストも見応えあり,文章量も多くないので,一人読み初級段階の子供が無理なく苦なくお話の内容を楽しみながら読める絵本に思いました。
    絵本の醍醐味とも言える,素敵なお話で夢がありますね。

    投稿日:2017/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 未知のものと遭遇するワクワク感

    息子は男の子ということもあるのでしょうが、恐竜好き。恐竜と卵を探しに行く展開にとても興味を示しました。

    町の中をただ探すだけでなく、穴を掘って掘り進んでいくのは、未知のものと遭遇するワクワク感があるようです。

    ぼく同様に、読後、やり終えた達成感があるようです。カバーを見て同じ時期に読んだ「たこのななちゃん」と同じ人が書いたんだと喜んでいました。

    投稿日:2008/11/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きょうりゅうのたまご」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / さつまのおいも / かいじゅうたちのいるところ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット