おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!? おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!?
作・絵: トロル  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ゆきやまのスキー場からいらいがとどいた。なんとゆきやまにでるかいぶつをみつけてほしいというのだ。はたして、かいぶつは…。

くまのこの としこし」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

くまのこの としこし 作:高橋 和枝
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784061324473
評価スコア 4.2
評価ランキング 19,027
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 年越しに挑戦

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    年末に息子と読みました.

    新しい年を迎えることを楽しみに待っているくまのこのわくわく感が読んでてたっぷり伝わってきました.
    お正月を迎える準備の様子が,くまのこを通して分かりやすくやさしく書いてあるので,息子にもよく理解できたようです.

    そして今年,息子ははじめて寝ずに起きて新しい年を迎えました.あけましておめでとうを家族で言った後,すぐに眠そうに布団に入っていきました.でも翌朝起きてきたときは,年越しの瞬間を起きてたことがなんだかちょっと誇らしいようでした.

    この本のおかげもあって,今までより年越しがより実感できたようです.

    投稿日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大晦日からお正月

    大晦日からお正月の、日本の風習を描いたお話です。
    くまのことしとしの家では、現代の日本の人間よりも、日本人らしい大晦日からお正月の過ごし方をしています。子どものころ、何かワクワクするような、それでいて過ぎればなんでもない年越しの様子を思いだしました。

    投稿日:2019/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう始まってますが

    このお話はクマの家族の年越しから新しい年が始まるまでのお話でした。最近除夜の鐘ってなっていないような気がするのですが、この絵本では除夜の鐘が鳴っていて、うちの子は「なんでゴーンっていってるの?」って不思議そうに聞いていました。クマの子が新しい年を待ちきれない感じで待っていたのがかわいかったです。

    投稿日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎとしずかなきもち

    新しい年を迎えて、ずいぶん経ってから娘と読んだのですが
    それでも、楽しく読みました。くまのこは、5歳の我が娘より
    少しだけ小さいのかな?「ことしがおわったらどうなるの?」と
    びっくりしたりしている様子が微笑ましく、この絵本を先にひとりで
    読んでしまっていた娘も、「びっくりしているんだよ」とうれしそうに
    (まるで自分がくまのこのおねえさんになったかのように)話して
    いました。
    小さな子どもにもわかりやすく、それでいて楽しい絵本だと
    思います。
    私も毎年、大晦日から元旦にかけて、厳かな、静かな気持ちに
    なるなあと思っていたのですが、くまのこも私とおんなじように
    「ふしぎと しずかなきもちに」なったようで、うれしく
    なりました。
    きっとみいんなしずかな気持ちになって、新しい年を迎えるので
    しょうね。

    投稿日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くまのこの としこし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★読み聞かせや初めてのおままごとに★   果物の皮をむいて「はいどうぞ」のやりとりが楽しいしかけ絵本


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット