あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

よるのいえ」 大人が読んだ みんなの声

よるのいえ 作:スーザン・マリー・スワンソン
絵:ベス・クロムス
訳:谷川 俊太郎
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784001112207
評価スコア 4.13
評価ランキング 19,533
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 魅力的

    コルデコット賞受賞ときいて、よんでみました。文字は少なく、リズムのある言葉がよんでいて楽しいです。
    そして、黒と白ときいろで描かれる夜の世界がなんとも魅力的。絵にみちびかれ、想像がどんどんとひろがっていきます。そして、もどっていく過程もこれまた心地よかったです。
    大人へプレゼントするのも良さそうな絵本かと思いました。

    投稿日:2017/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵!積み重ね伝承詩

    エッチングの作品のようで
    色は黒と白と黄色だけです
    訳は、谷川俊太郎さん

    わらべうたのような感じでしょうか

    なるほど
    なるほど・・・

    と、現実から本の中の世界?空想?夢の世界?
    から戻ってきて

    言葉遊びの要素もあり
    寝る前の儀式的な感じもあり

    おかあさんねこがこねこをベッドの上につれてきたり
    犬の寝床にはぬいぐるみがあったり
    なんか、安心して
    おやすみ出来る雰囲気

    「でも おうちはひかりでいっぱい」
    が、いいのかな

    「あとがき」を読んで
    なるほど〜
    でした

    何度も、繰り返して読んでいます

    投稿日:2014/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝承の詩に素敵な版画絵

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    タイトルにふさわしい、素敵な版画絵の絵本でした。
    言葉は少ないのですが、谷川俊太郎さんの優しく心に響くような翻訳が、また素敵でした。
    原作の文章も、さぞきれいだったんだろうなと、推測します。

    この作品の原点は元々『オクスフォード版わらべうた』というのに載っていた伝承詩だそうです。
    語り継がれてきた温かさと時間を感じることのできる、美しい絵本です。
    ハッキリした絵なので、白黒が多くを占めていますが、遠目もききます。
    小さなお子さんから十分楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「よるのいえ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / そらまめくんのベッド / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本


大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット