話題
2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜

2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜(学研)

必要な道具は全て揃ってます!数量限定DX版♪読者キャンペーンも開催中!

  • 学べる
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

あめのひのえんそく」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

あめのひのえんそく 作・絵:間瀬 なおかた
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2003年04月
ISBN:9784893254931
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,894
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きれいな仕掛けに感動☆

    『でんしゃでいこうでんしゃでかえろう』でおなじみの
    間瀬なおかたさんの作品です。
    あめのひのえんそくっていったいどうなっちゃうんだろう?
    ぶどうがりは出来るのかな?と不思議に思いながら
    読み進めて行くと、
    最後に雨がやんで虹がかかる仕掛けがあります。
    きれいな絵本ですね☆
    パパが最初に読み聞かせていましたが
    最後に「おぉっ!」と感動していました。
    途中気が付かなかったのね^^;
    子どもも喜んでいました♪
    いつぞやママと一緒に見た虹を思い出して重ね合わせていたようです。

    投稿日:2010/11/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 綺麗な風景を楽しめる絵本です

    • 若ゴボウさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳、

    雨降りのお話しなのになぜか雨が降ってることを感じないくらいバスがトンネルを抜けるたびにとても素敵な風景が現れます。

    雨上がりといえば虹です!息子は虹が一色ずつできていく仕掛けが気に入っています。

    トンネルを抜けるとバスはどこにいるのかな?と探したりして楽しみながら読むことができます。

    目的地に着いたら雨も上がり虹をみながらブドウ狩りの遠足を楽しんでいる絵も気に入っていました。

    表紙を見ただけでは想像できない内容と仕掛けがとても素敵な作品でした。

    投稿日:2012/05/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「おおっ!」感動的〜☆

    雨の日のえんそく。
    バスにのって、目的地までの風景を楽しむ本です。

    トンネルを抜けると雨。
    次のトンネルを抜けても雨。
    少しやんできたかな?
    着くまでにやむかな?

    景色がキレイ。観光気分☆
    ストーリー的にはスローな展開です。

    そして、出版社紹介にあった
    「最後にあっと驚くさわやかな結末」に心ときめかせ
    めくっていきました。

    ページをめくった瞬間は、「へ?なに??」
    でも、文章を見て「おおっ!」感動的〜☆

    この仕掛けを娘が最後まで気付かないでいてくれるか、
    ドキドキでした☆(注意深いと気付いてしまうので・・・)
    そして、娘の顔は、パッと明るくなりました!!

    投稿日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵な仕掛け

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    間もなく遠足!というとてもいいタイミングで娘に読んであげることができました。
    自分もバスで行く予定なので、最初のバスに乗る場面からもうわくわく。でも雨の降っている様子を見て「しまった!てるてるぼうず作るの忘れた!」と大慌て。
    「とりあえず最後まで見てみようよ」となだめるのが大変でした。
    ページをめくるたびに素敵な風景がひろがります。ページの端が山の稜線に沿って丸く切り取られているので、おもしろいな〜なんて思いながら進んでいったら・・・最後のページで思わず「わー」と声が出てしまいました。
    無事に雨も上がったし、娘はますます遠足が楽しみになったようです。

    投稿日:2009/10/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 虹の使い方が見事です

    図書館の読み聞かせで読んでもらった絵本です。

    しかけ絵本ですが、それほど大がかりなしかけではなく、トンネルからトンネルへ、ページをめくる度に景色が変わっていきます。どのページもきれいな色合いで、目的地に到着するとそれまでの景色が虹となって現われます。

    子どもでも分かりやすく、遠足のわくわくを一緒に体験し、雨上がりのぶどう園の空気まで感じ取れるような絵本になっています。幼稚園・保育園くらいの子におすすめです。

    投稿日:2020/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • バス遠足

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    間瀬さんの、乗りものしかけ絵本シリーズの一冊です。今回の乗り物はバス!子供達が楽しみにしていたバスえんそく。朝から雨が降る中バスは出発します。目的地に着くまでの道中、トンネルのところがくり抜かれているしかけになっていて、めくるたびにトンネルを抜けた先の景色が変わって楽しいです。
    本当にバスに乗っているかのような気持ちになるのでふしぎです。
    観光バスの名前が、N.M.KANKOとなっているとこも要チェックです。

    投稿日:2019/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 既視感

    読みながら、間瀬なおかたさんの別書「バスでおでかけ」に似てるなぁと思っていたのですが、息子も同じ事を感じたようで「うちにある本と似てるね」と言っていました。
    仕掛け絵本には、もう少し新鮮さが欲しいかなと思いました。

    投稿日:2016/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日の遠足も悪くない

    乗り物好きの4歳の息子は、間瀬なおかたさんの絵本が大好き。楽しい挿し絵とあっとおどろくしかけに毎回夢中になっています。
    遠足の日が雨だったら、とってもがっかりしてしまいますが、こんな遠足だったら、雨の日の遠足も悪くないなぁと読みながら思いました。
    我が家ではお姉ちゃんが弟に読んであげたりして、何度もあめのひのえんそくを楽しんでいます。最後の仕掛けは見るたびに幸せになります。

    投稿日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいな景色

    もうすぐようちえんの遠足があるので、図書館で娘が自ら選んで借りました。

    長い道路やトンネルがあったり、大好きな虹の仕掛けを楽しんでいました。最後のページの展開に大喜びでした。
    各ページの綺麗な景色に「うわー」と声を上げながら、細かく描かれた沢山の車をじっくりと見ています。
    「あめのひのえんそく」というちょっと残念な状況を忘れるくらい楽しそうな遠足でした。

    投稿日:2011/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな一冊

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子3歳

    息子たちも、私も大好きな絵本のひとつ。
    「あめのひのえんそく」って、いかにも残念そうなタイトルだけど、中身はそうでもないんです。
    むしろ楽しい。
    雨の日の遠足ならではの楽しさ、わくわくが伝わってきます。
    遠足の前には読んであげたい一冊です。

    投稿日:2011/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あめのひのえんそく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / かいじゅうたちのいるところ / ラチとらいおん / おおかみと七ひきのこやぎ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

みんなの声(74人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット