なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン 作:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784591069448
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,640
みんなの声 総数 85
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひどい音のバイオリン技術

    お父さんのバイオリンを年1回だけ手入れするルラルさん。でも、ひくと腕前はひどいもの、、、。しかし、その下手な音でお尻がみんなむずむずします。でもそのむずむずがいいんです。それを楽しむみんなが良かったです。

    おしりむずむず、ってなんだか楽しくなりそうですね!外に遊びにいきたくなっちゃうかも。

    下手な演奏でも楽しめるゆるい絵本ですが、そのゆるさがいいのかな。

    投稿日:2015/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいお話

    ルラルさんのお父さんとの関係が描かれている、少し切ないお話です。

    お父さん、バイオリン奏者だったんですね。
    でも、ルラルさんはバイオリンが苦手で投げ出してしまった。
    お父さんがいなくなった今、ルラルさんは年に1〜2度バイオリンの手入れをしているんです。

    動物たちとのやりとりの中、バイオリンの音が「ギコギコキーキー」でも、その音がみんなを楽しませているなら、それでも良いんじゃないかと感じました。

    そういえば、おとうさんだって「なかなかおもしろい音だよ」と言っていたのです。
    きっと、ルラルさんが上手く弾くことだけを期待していたわけではなかったんじゃないかな。

    ルラルさんも、だからめったに弾くことのないバイオリンを、大事に手入れしているんでしょう。

    動物たちとバイオリンを楽しんでいる姿を見て、お父さんはきっと喜んでくれているのではないでしょうか。

    投稿日:2014/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

全ページためしよみ
年齢別絵本セット