宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねこのごんごん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねこのごんごん 作:大道あや
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784834005226
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,610
みんなの声 総数 10
「ねこのごんごん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 師匠

    捨て猫だったごんごんには、人生の大先輩で恩人のちょんがいたから立派なねこに成長したのだと思いました。厳しく見守り愛情をかけて躾けるのは人間と同じだと思いました。師匠であるちょんは、立派に親の役目をしていると思いました。「なにごとも 自分で 覚えるが 肝心」
    と、師匠の言いつけを守り、師匠以上を目指しているのが、利口で強いねこになれると思うし、努力していくと思いました。ちょんだって、孫のようなごんごんと知り合い自分の知っていることを教える生き甲斐を持てて幸せだったと思いました。

    投稿日:2010/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねこのごんごん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / まいごのどんぐり / ちびっこカムのぼうけん / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット