季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ぐりとぐら」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐら 作:中川 李枝子
絵:大村 百合子
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:1967年01月
ISBN:9784834000825
評価スコア 4.83
評価ランキング 133
みんなの声 総数 623
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 親子2代のファンです

    息子や娘の絵本は、ほぼ残してあって、いつか孫たちに読み聞かせることができたらなあと思っていました。「いないいないばあ」から始まったばあばの読み聞かせで、順調に絵本好き孫が育ちました。子どもたちの時より、ずっと心がこもっていたのかもしれません。
    その孫のために、「ぐりとぐら」を新しく買いました。この本は、自分の家に持ち帰りたいのだそうです。

    投稿日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誰もが知っている名作、「ぐりとぐら」。娘たちにも当たり前のように読んであげましたし、お話し会などでも何度も読み聞かせてもらっていました。読んでくださる方も馴染みのある作品なだけに、テンポよく楽しく読んでいる様子が伝わってきて、ぐりとぐらが出てくると子どもたちはみんな楽しそうに聞いていました。

    大きなたまごを見つけて工夫をしてカステラを作る工程は何度読んでもわくわくしますね。ふわふわの黄色いカステラが出来上がったところや、森のみんなと分け合うところ、たまごのカラで乗り物を作り上げてしまうところなど、見どころがたくさんあって最後まで飽きさせません。

    こうして名作は語り継がれていくんだな〜と、時が経っても色あせない魅力を感じました。

    投稿日:2020/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい頃、読んだことのある懐かしい絵本です。あまりにも有名過ぎる絵本ですが、大人になってから読むと子どもの頃とは違う気持ちになります。ぐりとぐらがお互いを必要としていて、協力しあう関係にとても温かな絆を感じます。カステラが美味しそう!という感想だけでなく、お料理の過程を知ることができます。そして、子どもと一緒に作る楽しさも!分け合う気持ちを育めることも、この絵本から学べます。いじわるやけちんぼはしない。エコでロハスな暮らしぶり。今の現代人にこそ、ぐりとぐらに憧れるような生活スタイルだなと思います。50年も前の絵本だとは思えないけれど、この時代の絵本に共感し、また想いが繋がっていることが嬉しくも思います。

    投稿日:2020/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢のある絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    自分自身、大きなカステラにあこがれて、何度も読んだ覚えのある絵本です。ストーリーを楽しむようになった子に迷わず買いました。
    読むと、やっぱり子どもも大好きになってくれました。
    大きなフライパンに大きなカステラ、でも子どもが一番食いつくのは、みんなで仲良くカステラを食べる最後の絵です。動物が大好きな息子は、そのページに描かれた動物たちを見るのが大好きみたいです。



    投稿日:2016/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • カステラよりラストの

    流石は乗り物ラバーな息子!
    私も、おそらく多くの人が注目するであろう、美味しそうなカステラはスルーで
    「あの車ってどーやって作るんやろう。割れへんのかな?僕が乗ったら割れるやんね?ぐりとぐらは、いーなー」
    という感じで、笑。
    でも、確かにあの車も可愛いですよね。息子のおかげで、あまり気にしたことなくて記憶にもなかった卵の殻の車の可愛さにも気づけました!

    投稿日:2015/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『ぐりとぐら』のおかげでほっこり

    • こざとさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子6歳、男の子4歳、女の子2歳

    4才の子が『ぐりとぐら』が大好きです。
    カステラを食べるシーンも好きなのですが、一番好きなのが最後のページ。たまごの車のシーンです。

    というわけで、自分もおおきなたまごが欲しくて欲しくてたまりません。
    この前、とうとう「森に行く」と言い出しました。もちろん、おおきなたまごを見つけて車をつくるため。
    そんなのないよというのも何なので、近所の神社の裏山にいきました。

    当然たまごはありませんでしたが・・・ぎんなんがどっさり! 秋ですね。
    「これ、食べられるんだよ。」というと大喜び。
    みんなで楽しく拾って持ち帰り、レンジでチンして食べました。
    処理するのはくさくて大変だったのですが、おいしかったので親子とも大満足。
    こんなほっこりとした素敵な時間をもてたのは、『ぐりとぐら』のおかげです。
    感謝!

    投稿日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいにおい〜♪

    • 紅茶日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    子どもが生まれたら一番最初に買ってあげようと思っていたのが「ぐりとぐら」。私も小さい頃からこの絵本が大好き。息子も初めて読んだその日からファンになりました。カステラが焼けたページをめくると「う〜ん、いいにおい♪」とうっとり顔。そして翌日にはカステラ食べたいとリクエスト。昔から変わらない魅力の1冊です。

    投稿日:2013/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 完全な絵本

    完全な絵本というものがあるとするならば、これは数少ないそのうちの1冊。完璧な幸福がここにはある。
    いちばんのなかよしさんと森で探検、見つけた宝物でとびきりのごちそうを作り、みんなへもおすそわけ、残ったもので新しく二人の宝物を作って持って帰る。
    親密な関係と開かれたコミュニティの双方を、おいしさという最上の方法で満足させるしあわせ。
    とりあえずこの本を好きにならない子に出会ったためしがない。
    しあわせいっぱいで来ている子はあたりまえのようにこの贈り物を受け取るし、そういうことに慣れていない子も森のみんなでカステラをほおばるシーンでは、自分も小動物の一員になっておすそわけをぽっちりもらったような顔をする。そんな子には別の機会に膝に乗せて抱きかかえるようにしてこれを読んでやると、もっとリラックスして前のほうのページから楽しめるようになるものだ。
    絵本に登場するごちそうのレシピ本でも、ぐりとぐらのカステラは定番中の定番。ちびくろさんぼのホットケーキは冒険つきのスリルがたまらないけれど、ぐりとぐらは自分たちでかまどをこさえて火をおこして調理をするという、これはこれで子ども的にはスペクタクルな展開。ふっくらするのを待っている間さえもおたのしみになっているところがまた良しなのである。

    投稿日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルな幸せ

    のねずみのぐりとぐらは、森の中でとっても大きなたまごを見つけます。

    何をつくろう?めだまやき?たまごやき? 
    二人がえらんだのは、かすてら。
    大きすぎて持って帰れないものですから、材料とおなべを持ってくることにします。

    この用意のようすも、心躍るんです!二人が自分たちと同じくらいの大きさのリュックに、次々に準備したものをつめていきます。
    「こむぎこ、ばたー、ぎゅうにゅう、おさとう、ぼーるとあわたてき…」

    さあ、森の中で、おりょうりのはじまり。いしとたきぎでつくったかまど、ぼーるの中にはたまごをたっぷり使ったかすてらの生地。
    最高なのはやっぱり、おなべのふたをとるところ。きいろいふんわりしたかすてらが、おなべからのぞいています。
    大人になった今見ても本当においしそう。

    「このよで いちばん すきなのは おりょうりすること たべること」
    な、ぐりとぐらですが、二人がすてきなのは、いつだってちゃんとみんなにごちそうするところです。最後は森の動たちとみんなでかすてらをほおばります。
    お外で歌いながら料理して、おいしいおいしいってみんなで食べるなんて!
    なんて幸せ。
    永遠に人をごきげんにする絵本だと思います。

    投稿日:2013/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつの時代も愛されて

     わが子に寝る前に読み聞かせ、日中は保育園でクラスの担任として
    子どもたちに読み聞かせ、私にとってぐりとぐらと共にこの30年近くを
    生きてきました。時代が目まぐるしく、移り変わる中、お鍋を開けて出てくるホットケーキを見て、目を輝かせる子どもたちの笑顔はいつも変わらないのです。ぐりとぐらの絵本に触れることで、心が繋がり温かい気持ちを子どもたちと共有できること、いつの時代も続くことでしょう。今度は、孫たちに読み聞かせる時代が来る事を楽しみにしたいと思うのです。

    投稿日:2013/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いやだいやだ / もこ もこもこ / だるまさんが / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あたしって、しあわせ!
    あたしって、しあわせ!
    作:ローセ・ラーゲルクランツ 絵:エヴァ・エリクソン 訳:菱木 晃子 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    不安でいっぱいの新1年生ドゥンネは、エッラ・フリーダと出会ってから、何をするにも一緒。ところが…
  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット