もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おさるのジョージ とっきゅうにのる」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おさるのジョージ とっきゅうにのる 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:渡辺 茂男
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784001109443
評価スコア 4.23
評価ランキング 17,516
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おさるも人間も同じですね

    まだまだ好奇心が多くて、じっとしておらず、

    周りに迷惑をかけてしまうこともたびたび・・・涙。

    でも、根源には、やさしさ、思いやりがあるので

    頭ごなしに怒るのはよくないと思っています。

    このお話のジョージも、同じように、最初はみんなに迷惑を

    かけますが、それでもみんなを笑顔にすることが

    できます。

    駅にいるみんなを散々困らせたのに、

    きいろいぼうしのおじさんは、決してジョージを

    怒らず、いつものようにあたたかい言葉をかけています。

    子供をガミガミ怒らず、おじさんのように

    見守る育児に励みたいと思います。

    投稿日:2015/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずらしたけど、名誉挽回!?

    今回、ジョージは駅の時刻表にいたずらをしてしまいます。
    本人は手伝っているつもりなのですが、時刻表がめちゃめちゃになって、お客さんは困ってしまいます…。
    このいたずらはダメでしょ〜と私は思ったのですが、意外にも娘はこのいたずらが面白かったといいました!
    またいつものしりたがりの癖がでて、面白かったようです。

    この大変ないたずらも、後にジョージが男の子を線路への転落から救ったことで、おとがめなしになりました。え〜?おとがめなしでいいの〜!?
    たしかにジョージ、いいことしたんですけどね。
    「おさるのジョージシリーズ」は、時々こうやって、ジョージのいたずらが過ぎても、あとの活躍で帳消しになることが多いですね(笑)
    名誉挽回ってとこかしら!?

    娘はこの後半のジョージの活躍するシーンも気に入っているようです^^
    娘が楽しく読めたので、☆4つにしました。

    投稿日:2008/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特等席!

    今回もジョージが珍騒動を起こしてくれます。
    でも最後は必ずハッピーエンドになるのがこの絵本のいいところですね♪

    今回も特等席のプレゼントつき!
    ジョージは騒動を引き起こすけど、
    いっつも喜ばれて、それにプレゼントをもらえて〜。
    ジョージがうらやましいと思うようです(笑)

    投稿日:2008/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おさるのジョージ とっきゅうにのる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット