宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ちょろりんととっけー」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちょろりんととっけー 作・絵:降矢 なな
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1999年01月
ISBN:9784834015799
評価スコア 4.46
評価ランキング 8,350
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ハラハラどきどき

    男の子の冒険心をくすぐる、ハラハラどきどきのお話です。
    また、その中で、弟を思う気持ち、それに伴う責任感。
    小さなおにいちゃんの大冒険絵本で、お勧めできます。

    投稿日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • きょうだい

    ちょろりんがひとりでおじいちゃんのところへ遊びに行くことになったのですが隠れてとっけーがついてきちゃいました。

    とうぜん、とっけーは足手まといな行動ばかり…。

    ちょろりんはうんざりするのですが、やっぱりいざとなると弟の事が心配で…。

    やっぱり兄弟っていいものですね。

    喧嘩もするけど、私自身、兄に遊んで貰いたくて、ず〜と後をついてまわったことを思い出しました。 もちろん、何度もまかれましたけどね(^_^;)


    とっけーがお弁当にキャラメルを持ってきたところがとても、かわいらしかったです。

    投稿日:2011/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私自身お気に入りです!

     私自身もお気に入りの一冊です。
     私も、ちょろりんの後を追ってついていったとっけーと一緒・・・ちょろりんの後をついて一緒に冒険させてもらっているような気分になれるところが好きです。じいちゃんが書いてくれた地図が流されてしまう場面は何度よんでもはらはらしてしまうし、とっけーの姿が見えなくなってしまう場面は、私まで不安な気持ちでいっぱいになってしまいます。
     かめむしの登場によって旅はやれやれ・・・となるわけですが、かめむしの小さいけれど、存在感がたっぷりなところもこのお話のおもしろいところだと思います。

    投稿日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのもしいおにいちゃん ちょろりん

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子4歳

    「ちょろりんのすてきなセーター」を読んで、
    続編であるこの本も読みたくなり、図書館で借りました。

    ちょろりんがいとこのうちへ一人ででかけようと出発すると、
    弟のとっけーがついてきしまいました。
    ふたりの冒険がはじまります。
    途中 とっけーとはぐれてしまったり、大迫力のいたちが
    襲ってきたり、かなりドキドキする展開ですが、
    かめむしに助けられます。最後は無事にいとこのうちへ到着です。

    ちょろりんのちょっといばっているところ、でも弟の面倒を
    がんばってみようとするところ、上の娘にそっくりです。(うちは妹ですが)
    とっけーのあどけない感じも下の娘にそっくり。
    本人たちもそれぞれ自分のことのようにドキドキきいていたことでしょう。

    投稿日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちょろりんととっけー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット