ねずみくんのうんどうかい ねずみくんのうんどうかい
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎさんとかけっこをすることになったかめさん。「かてっこないよ」とこまっているとねずみくんとねみちゃんがやってきて……

つりばしわたれ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

つりばしわたれ 作:長崎 源之助
絵:鈴木 義治
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1976年
ISBN:9784265907281
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,243
みんなの声 総数 12
「つりばしわたれ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ありのままの子供の姿

    お友達になりたいのに、なかなか田舎の子供達と仲良くなれないトッコ。つい東京の自慢ばかりしてしまうのも、みんなの気を引きたい気持ちからなんですよね。子供って、そういう不器用なところがありますから。

    でも、当然田舎の子供達はそういうトッコの態度が気に食わず、怖がって吊り橋を渡れないトッコに向かって、「悔しかったら吊り橋わたれ!」と対抗します。

    子供にありがちな駆け引きですよね。

    しかし、かすりの着物を着た不思議な男の子のおかげで、トッコは吊り橋を渡り、田舎の子供達とも楽しく遊べるようになります。

    吊り橋を渡ってきたトッコを受け入れてくれた子供達、田舎の生活を楽しめるようになったトッコ、どちらも本当はとても良い子達なんです。

    投稿日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい時間が流れます。

    • 苺ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    絵になんとなく見覚えがあって
    手に取りました。

    きっと子どもの頃も開いたのでしょうか?

    この吊橋はただの吊橋ではなく
    女の子の心の境界にある吊橋なのでしょう。
    お母さんのいない寂しさからかな、

    つい都会の自慢ばかりしてしまう女の子。

    いつも一人あそびばかり

    やまびこが出てきたときはなつかしいなと感じました。
    近頃してないな・・。

    子どもの目線からの優しい題材が
    素敵な展開へと導きますね。

    投稿日:2010/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「つりばしわたれ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / あおくんときいろちゃん / いいこってどんなこ? / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット