もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

つりばしわたれ」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

つりばしわたれ 作:長崎 源之助
絵:鈴木 義治
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1976年
ISBN:9784265907281
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,241
みんなの声 総数 12
「つりばしわたれ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心の中をこだましていきました

    やまびこの聞こえるような山あいの村のお話です。
    久しく山歩きをしたことのない私にとってはこれだけで素晴らしい設定です。
    お母さんの病気のため、山に住むおばあちゃんの家に来たトッコ。
    どうしても、山の友だちになじめない(友だちになろうとしたのかもしれませんが)、トッコは都会の自慢ばかりしてしまい、帰って山の子に反感を持たれてしまいました。
    山の友だちと自分のあいだには谷川の上で揺れる吊り橋がかかっています。
    自然の風景のようでありながら、心の中の風景のようでもあります。
    山の友だちから愛想を尽かされて、ひとりぼっちになったトッコを救ってくれたのはやまびこ。
    自分の声にこたえてくれるのは自分の声。
    やまびこのこだまする山ほどすがすがしい清らかな山はありません。
    目の前に現れた絣を着た少年はやまびこそのものでした。
    少年に誘われて吊り橋を渡りきったトッコ。
    少年は消えてしまいましたが、友だちと遊び合うことができました。

    山の風景、少し昔のお話のようではありますが、古臭いお話ではありません。
    転校生、初めて会う友だちと心うちとけるまでの吊り橋を、誰もが持っているのでしょう。澄んだ心で子どもたちの心を考えると、自分たちも山でいられるのでは…。

    投稿日:2011/04/17

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「つりばしわたれ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / あおくんときいろちゃん / いいこってどんなこ? / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット