もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

せかいのひとびと」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

せかいのひとびと 作・絵:ピーター・スピア
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1982年01月
ISBN:9784566002470
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,590
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図鑑みたい

    世界には本当にいろいろな人がいます。
    目の色や肌の色、話す言葉・・・。
    そんなことが、細かな絵で、図鑑のように描かれています。

    娘は読みながら「これは何?」「どういうこと?」を連発。
    特に、首長族とムルシ族は視覚的に衝撃だったらしく
    インターネットで画像を調べて「本当なの??」と目を丸くしていました。

    だった1冊の本から、こんなに広がるのだ・・と
    本の力を感じた一冊です。

    投稿日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • スピアーの見た世界

    ピーター・スピアーが見た世界の人びとや文化が、細かく描かれています。
    日本の部分を見ると妙な感じもしますが、世界にはいろんな文化や人種があることはよく理解できます。
    何より自分の知らない国も含めて、様々に視野を広くするためのきっかけづくりの絵本だと思います。

    投稿日:2018/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな同じだとつまらない

    • @443さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子11歳、男の子1歳

    私の家で一番気に入っている本です。
    先日学校の読み聞かせで3年生に読みました。

    まずは鼻や耳の形、髪型や目の色
    細かい絵にみんな釘付け!
    その後、いろいろな国の遊びや文字に移り
    住んでいる場所や生活の違い、貧富の差・・・

    「そして最後には誰もが死ぬ」

    それはみんな平等に。


    世界にはたくさんの人がいて
    色々な問題もある。
    でも、姿形も考え方も同じ人は一人もいない。
    絶対に。
    だから、ひとりひとり違って当たり前
    違うって素敵でしょ?

    絵が細かいので大勢の前での読み聞かせは難しいかもしれません。
    今回は少人数でしたが
    ゆっくり見てもらいたいので一週間学校にお貸ししました。

    投稿日:2008/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せかいのひとびと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット