宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

かずのえほん 1・2・3」 大人が読んだ みんなの声

かずのえほん 1・2・3 作:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年11月
ISBN:9784871100120
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,098
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもにかずの絵本を読んであげるのですが・・・・・・

    五味さんの絵本は
    クイズも出来るし   数の概念を教えるのにとてもおもしろくて
    なかなかの優れものです
    ものを分けることも 数の概念の中にはだいじですね
    5のドーナツのところは 頭を使ってわける
    私たちが子どもの頃 兄弟5人でオヤツを分けるとき 子どもなりにいろいろ工夫して考えたのを懐かしく思い出します

    一人っ子ではなかなかそういう経験がないのですが集団の中にいて子ども同士で考えることは大きくなって役に立つと思います
    周りを見る  全体のことを見通せることが大事だと この絵本を読んで思いました

    是非皆さんにお勧めの絵本です!!

    掲載日:2014/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かずのえほん 1・2・3」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / からすのパンやさん / だるまさんが / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット