宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本」 大人が読んだ みんなの声

コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本 作:佐藤 雅彦 ユーフラテス
絵:佐藤 雅彦 ユーフラテス
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784097264316
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,003
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自ら選ぶ物語

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    頭がこんがりそうなタイトルに惹かれました。
    それもそのはず、いろんな動物がこんがらがったキャラクターが、
    コんガらガっち。
    ということで、その仲間が繰り広げる、迷路仕立てのストーリー。
    肝試し、音の探索、動物園で写真撮影、の3本立て。
    ページをめくるたび、いくつかの岐路があり、指でたどったらそれぞれに違うストーリーが待ち構えています。
    「選ぶ」楽しさに、子どもたちはわくわくでしょうね。
    頭が柔らかくなりそうです。
    それもそのはず、ユーフラテスって、あの「ピタゴラスイッチ」の企画グループ。
    慶応大学の佐藤雅彦研究室の卒業生グループということで、
    やはりクオリティは高いです。
    まだいくつかシリーズがありそうなので、チェックしてみましょう。
    幼稚園児くらいからはまりそうですね。

    投稿日:2016/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も楽しめます

    好きな道を指でたどっていく絵本です。
    選んだ道によって、ストーリーが変わってくるので、
    何度も楽しめるところが魅力かなと思います。

    1話目、2話目のおはなしは、雑誌「幼稚園」が初出とのことなので、
    対象年齢は、未就学児ぐらいでしょうか。

    どんなおばけが待っているのかな?
    聞こえてくるのは、なんの音?
    どんな写真が撮れるかな?

    想像を膨らませながら読める、楽しい絵本だと思います。

    投稿日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまちゃんとてんぐちゃん / とべ バッタ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット