宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おとうさんがおとうさんになった日」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おとうさんがおとうさんになった日 作・絵:長野 ヒデ子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784494008971
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,613
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お父さん目線の絵本です。

    小学校2年生の娘が一人読みしました。
    誕生日が近い我が家の娘。
    この絵本を読んで,何か感じること思うことがあったかな。
    お父さんの気持ちがよくわかるように描かれている絵本でいいですね!
    父子の絆が深まるかも知れませんね。

    投稿日:2018/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頼りになるお父さん

    赤ちゃんを、自宅出産で迎える家庭です。
    お母さんとは違った視点からのお話は、新鮮に感じました。
    このお父さんのお話を読んでいると、少しずついろいろな瞬間を積み重ねてお父さんになっていくのだな、とわかりました。
    どれも、大切な思い出でしょうね。

    投稿日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんが読みました!

    パパが息子に読んであげました。
    ちょうど今妊娠中なので、いいタイミングだったようです。

    家族が赤ちゃんの誕生を待ちわびる様子を、
    お父さんの視点から描いています。

    あたたかいタッチの絵とお話にほのぼの、幸せな気分。
    二人とも赤ちゃんに会える日がとっても楽しみになったようです。

    投稿日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おとうさんがおとうさんになった日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

全ページためしよみ
年齢別絵本セット