あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!
まゆみんみんさん 40代・ママ

秋祭り!
私が生まれ育った地域は,お祭りというと…

やんちゃっ子の絵本 (3) だれのおばあちゃん?」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

やんちゃっ子の絵本 (3) だれのおばあちゃん? 作・絵:スティーナ・ヴィルセン
訳:ヘレンハルメ美穂
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784861011870
評価スコア 4.32
評価ランキング 14,753
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 好きです

    この絵本の親子が大好きです!!なんかリアルな生活をかわいく絵本に仕上げてあるのが気に入ってまし。うちの子はぐるぐるって色を塗ってあるのが好きみたいで気に入ってます。この本読んであげたらおばあちゃんに会いたくなってました。

    投稿日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いとことおばあちゃんのとりあい

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。普通なら、きょうだいとママの取り合いをするのに、この絵本はいとことおばあちゃんのとりあい。珍しい展開です。

    おばあちゃんちでおばあちゃんと遊んでいると、いとこがやってきていとこもおばあちゃんと一緒に遊びだします。でも、自分のおばあちゃんだから、とやきもちをやきはじめる。そんな中、いとこはおなかが痛くなり、かわいそうになる。やっぱりおばあちゃんを独占するのはよくないよな、と。

    とりあいの対象がママではなくおばあちゃんという珍しい展開ですが、いとこに対しても優しさがみられるというのがいいですね。親戚であるがゆえに戦いだけで終わらないのですから。うちも息子に同い年のいとこがいますが、まだおばあちゃんのとりあいにはなりません。なるのかどうかもわかりませんが、なってもそういうやさしさを持って接してほしいものです。やさしさが感じられる絵本です。

    投稿日:2011/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんは偉大

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    スウェーデンで大人気のイラストレーターであるスティーナ・ヴィルセンさんの作。
    やんちゃっ子シリーズは、本国では10作も出ている絵本シリーズですが、日本で3冊同時発売されたもの。
    出版社は、落合恵子さんのクレヨンハウス。

    この作品は、その2にあたります。
    1作目で登場した、ぶたくまさん、うさぎさん、とりさんは登場せず。
    2作目で登場したこぐまさんが再登場し、今回は、そのおばあちゃんといとこが登場です。

    こぐまさんは、おばあちゃんを独り占めにしたいのだけど、いとこがいて嫉妬してしまいます。
    この気持ちって、子供なら誰しも経験することではないでしょうか?
    お話は、それでは終わらず、いとこの泣くところを見て、こぐまさんも同情し最後は仲良く三人で本を読むシーンで終わります。
    何とも良い余韻の残るエンディングなので、最後のシーンが一番気にいりました。

    2作目とは異なりますが、あるあると共感できるお話だと思います。
    やはり、おばあちゃんは偉大だと思わざるを得ない作品です。

    投稿日:2011/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なおばあちゃん☆

    クッキーを焼く前に食べちゃって「ゲボーッ」と吐いてしまう場面に驚きました(>_<)
    なかなか吐く絵本ってないですよね?
    まさに、やんちゃっ子の絵本ですね!

    このおばあちゃんなら取り合いになるなる。
    子ども目線の、懐の大きい、あったかい、素敵なおばあちゃんです。

    トラブルがあったからこそ従兄弟の気持ちに触れることが出来た。
    パパやママがいなくて心細い気持ちは同じ、おばあちゃんに甘えたい気持ちは同じ。
    だと分かったのですね。

    おばあちゃんを真ん中にして、3人が毛布にくるまっている姿に癒されました。

    投稿日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • クセになります

    この絵がなぜか気になってしまいます。こぐまちゃんはおばあちゃんが大好きなのにいとこも甘えにくるから嫌い!一生懸命おばあちゃんを自分の方にひきこもうとする気分、なんだか分かります。おばあちゃんも大変ですね!二人をあやして面倒みて、、、好かれているから全く苦ではないのかな。

    投稿日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やんちゃっ子の絵本 (3) だれのおばあちゃん?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


だいすきな「おともだち」を食べちゃった!?ラストは衝撃の…

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット