宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

どうぶつさいばん ライオンのしごと」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

どうぶつさいばん ライオンのしごと 作:竹田津 実
絵:あべ 弘士
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年08月
ISBN:9784033313603
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,197
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とっても深いお話でした。

    ライオンがいろんな動物を食べて生きていることに

    たいして、それぞれの動物の言い分が書かれている

    お話です。

    ライオンが一方的に責められているのではなく、

    ライオン側にも言い分がありました。

    このタイトルがライオンのしごと、とありますが、

    ライオンの言い分ではなく、ライオンのしごと。

    ここがこのお話の意味をしっかりと刻んだ

    タイトルだと感じました。

    ただ、小さい子には少し難しいんじゃないかなと

    思います。

    投稿日:2014/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママライオンのもう一つのしごと

    ヌーのお母さんを殺して食べてしまった
    ママライオンが裁判にかけられました。

    病気の動物を見つけ出し食べることによって
    その草食動物の病気からの死滅を防ぐ効果を
    目撃者や証言者によって立証され無罪にされます。

    とても深い内容で、うーんと思わずうならされてしまう
    賢い展開。けれどもう一つ忘れて欲しくないのは
    ママライオンだって子供を育てなければならないこと。
    おそらく肉食動物が肉を食べなければならないことは
    はなからこのお話では題材にしていないのは分かっては
    いても何故か忘れてほしくないなと思い★四つにしました。

    子供は、真剣に読み進み「おもしろかった」と静かに
    本を閉じました。

    投稿日:2011/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど

    動物好きの息子に読みました。
    ライオンがヌーを食べてしまう光景、当たり前のようですが
    そこには深い意味、またうまく森の生き物を守るための知恵が
    あったのです。大人も読んでいてなるほどなと
    考えさせられました。

    5歳の息子には、さいばんという言葉が難しかったようでした。

    投稿日:2010/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の摂理

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    広い広い大地で、動物たちが集まって、
    ルーのお母さんを食べたライオンの裁判を始めます。
    動物たちは冷静に淡々と意見を述べていきます。
    それぞれの言い分はもっともで、
    結論は、「ライオンは自然界を守るために狩りをする、よって無罪。
    しかし、お母さんを食べられたルーの子供の気持ちはわかってあげましょう。」優しさ溢れる名裁判官でした。
    そして、動物たちは口々に「いい裁判だった。」と納得していました。
    妙に腑に落ちたすっきりした気分になりました。

    自然界の掟に従って生きている動物たちは、
    それぞれが役割を担っているのですね。
    自然の壮大さを感じました。
    そんなことも、岩の上のいちじくの木はお見通し…。
    あべ弘士さんの挿絵が、動物や大地の様子を
    素晴らしく描いていて、親子で感じ入りました。

    もっとお兄さんになったら、じっくり読んでほしい本です。

    投稿日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どうぶつさいばん ライオンのしごと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット