季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

これは本」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

これは本 作・絵:レイン・スミス
訳:青山 南
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年04月
ISBN:9784776404507
評価スコア 4.36
評価ランキング 13,019
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユーモアセンス抜群

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2010年のレイン・スミスの作品。
    彼は、「くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話」で1993年にコールデコット賞オナー賞受賞しています。
    他にも「ヒヤシンスひめ」「ジャイアントピーチ ダールのお化け桃の冒険」などの絵も描いており、一寸暗めですが魅力的な作品を発表しています。
    この絵本は、アメリカ・ニューヨークタイムズ紙「絵本部門」で23週連続ランクインを記録した作品だそうです。

    物語は、PCが得意なロバが、サルに「何 もっているの?」と聞くシーンから始まります。
    ロバは、本を知らないという設定らしく、
    「どうやって スクロールするの?」とか「ブログはしてる?」とか有り得ない質問を連発するのですが、それがかえって、デジタル書籍と本の差異を明確に浮き彫りにする効果を醸し出しています。
    本を見て、ロバが、「字がおおいよ。なおすね」という部分は、デジタルならではの発想で笑えてしまいました。

    デジタルの良さも勿論ありますが、本という紙媒体にも捨てがたいものがあることを訴求している、今ならではの絵本と言えそうです。
    このユーモアのセンス、私は好きです

    投稿日:2011/05/08

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「これは本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / からすのパンやさん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット