新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる

ともだちや」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ともだちや 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1998年01月
ISBN:9784032048902
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,833
みんなの声 総数 199
「ともだちや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 4歳には難しい・・。

    きつねくんがともだちやをする話。

    わかりやすい言葉を使ってることや、文章量からみれば4歳でも十分かとおもったのですが、
    伝えようとしているメッセージがちょっと4歳児には難しい気がします。

    お友達はお金では買えないこと。
    無理にお友達のフリしても、やっぱりどこか無理がある。
    というようなことを伝えたいのかなぁと推測するのですが、もうちょっとお友達同士の関わりの深い小学生向けなのかなぁとおもいます。

    小学校に入ったらもう一度読んであげたいです。

    投稿日:2012/05/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大切な存在

    友達が欲しくてもどうやって友達を作るのかが分からないキツネのお話です。
    友達はお金で買えない、大切な存在。そんな当たり前のことをやさしく教えてくれます。

    わたし自身は良書との認識で娘にもぜひ読んでほしいと思い、図書館で借りたのですが、
    肝心の娘が興味を示しませんでした。絵が趣味に合わなかったのか。。。
    意外と簡単なようでうちの子には、この本の本当の良さ(意味するところはまだ分かっていないかもしれません。また機会を見て進めたいと思います。

    投稿日:2011/09/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小学校に入ってから

    • 土筆さん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    4歳と2歳の子供達に読み聞かせました。
    まだ友達の有無にこだわらない年齢というのもあって、あまり反応はありませんでしたが、親としては友人関係に悩みだす小学生頃に役立つ絵本ではないかと思っています。

    投稿日:2011/03/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人もジーン

    図書館でふと見掛けて「ともだちや、って何だろう」タイトルと表紙のキツネの変てこりんな格好に興味を惹かれ、中を読んだら…幼稚園年中なんですが、お友達と遊びながら、でもまだ自己本位で遊びがちな息子のためにピッタリの絵本だと思い借りてきました。
    オオカミとお友達になるくだりがいいですね。特にあのトランプのページ。ふたりとも本気で、だけど本当に楽しそうで…
    いつかミニカーを渡せる息子になれますよう。そして一番の宝をあげたくなる友達を見つけられますように

    投稿日:2010/05/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 考えるきっかけ。

    とても良いお話だったと思います。

    「ともだちって何だろう?」、「ともだちってどうしたらなれるのかな?」という、子どもが人間関係を築くうえで重要なことを考えるきっかけになる絵本だと思います。

    最後のスキップをするきつねくんの様子がとても印象的でした。

    投稿日:2020/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちやさんをしていたきつねが、ほんとうのともだちをみつけるお話でした。時間に制限をつけたり、お金を払ってともだちをつくることが、ほんとうのともだちではないんだということを、おおかみときつねのやりとりから、子どもにもわかりやすく教えてくれるお話でした。

    投稿日:2017/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとうの友達

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    「ともだちいりませんか。1時間100円です」

    なんてがめついきつねだ!となりそうですが、本当は友達の作り方を知らなかっただけなんですね。

    おおかみと本当の友達になったあと、
    「ともだちいりませんか。何時間でも、毎日でもただ」
    とセリフが変わったのがとても微笑ましいです。

    本当は、お金を払ってでも友達が欲しかったのはきつね自身だったんでしょうね。

    投稿日:2015/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちっていいね

    初めこの本のあらすじを見た時は、金儲けしたいキツネが主役?そしてお代を払わないとゴネるオオカミまで登場?と、少々訝しく思いながら手に取りましたが、いえいえ、読んでみたら実はほっこりする良いお話でした。お友達って損得勘定で作る物じゃないし、大切な物を分け合える存在だという事を子供達にも感じ取ってもらえたらなぁと思います。
    一番の寂しがりやは、実はキツネだったんですね。

    投稿日:2015/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達代行業

    友達と遊ぶのが大好きな4歳の息子。
    でも、まだ、やっぱり喧嘩をしたり、いろいろと難しいところもあるよう。
    そんな息子と一緒に読みました。

    一時間百円で、「ともだち」の代行業を始めたきつね。
    そういえば、最近、実際にそんな友達代行業のサービスもあるから、
    考えさせられますね。
    イラストが、動物たちの表情がよくわかり、とてもいい。

    息子は、友達についてちょっとは考えたみたい。
    シリーズを読んでいきたいです。

    投稿日:2015/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとうのともだち

    寂しがりのきつねが始めた「ともだちや」
    一時間百円でともだちになります、という商売です。
    お金を出してでもほしいくらい、ともだちって素敵なもの、という考え方もできるのかな?
    でも、くまさんとともだちやでともだちになったきつねさんは、好きではないいちごを食べさせられ、おなかはしくしく、無理して友達になっても楽しくないっていうことを学びます。
    ほんとうのともだちについて考えさせてくれる絵本です。

    投稿日:2015/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ともだちや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / よるくま / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • たことさる
    たことさる
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    単語の頭とおしりをくっつけると新しい言葉が生まれる!新井洋行の言葉遊び絵本


堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

全ページためしよみ
年齢別絵本セット