宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

9ひきのうさぎ」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

9ひきのうさぎ 作・絵:せな けいこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784591081600
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,536
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぴょんぴょん跳ねるうさぎさん可愛い!

    表紙のぴょんぴょん跳ねる9匹のうさぎさんが可愛いです。ちぎり絵のうさぎさんの仕草がとても可愛く表現されていると思いました。とても嬉しそうで、嬉しさが伝染してきます。1匹から9匹まで、数も自然に覚えられます。嬉しくてでんぐりがえりの繰り返しがとてもよかったです。キャベツを全部食べてしまったうさぎさんですが、反省してキャベツを育てたうさぎさん。最後のキャベツのパーティのキャベツ料理にびっくりしました。せなけいこさんのおばけもいいですが、「9ひきのうさぎ」もよかったです。

    投稿日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツに注目

    1歳7ヶ月の娘には、「ちょっと早いかな?」と思いながら

    せなけいこさんの「めがねうさぎ」シリーズが好きなので借りてみました。
    まず、表紙のキャベツに反応。
    キャベツの絵を指差して、「これこれ」って感じなので
    「キャベツの中から♪」と、手遊びをすると「それそれ!」って
    感じで大喜び。
    何回もリクエストされました。
    うさぎさんが、でんぐりがえって、大喜びしてる絵が可愛いですね。
    そのページを見ると和みます。
    うさぎさんが出てくると手を上に上げて「ぴょんぴょん」って
    跳ねる真似をするので「あー、ウサギが跳ねるってわかってるんだ」
    と、母は娘の成長を感じて嬉しくなりました。
    娘のお気に入りのページは、最後のキャベツのお料理を
    食べているページ。
    このページになると興奮気味になります。
    見てるだけで美味しそうですね!

    投稿日:2008/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「9ひきのうさぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット