虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

ともだちやもんな、ぼくら」 大人が読んだ みんなの声

ともだちやもんな、ぼくら 作:くすのき しげのり
絵:福田 岩緒
出版社:えほんの杜
本体価格:\952+税
発行日:2011年05月17日
ISBN:9784904188118
評価スコア 4.75
評価ランキング 724
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ちょっと 昔の子供の姿   夏休みのラジオ体操カブトムシ取り
    カミナリじいさん 
    マナブ ぼく ヒデトシの三人の男の子の表情がいいんです

    息子が夏休みの朝5時前に カブトムシ取りに行った思い出が懐かしく思い出されました

    「こらあっ! なにを やっとるんか!!」 カミナリじいさんの怖い顔 (浴衣に うちわ姿も懐かしいすがた)
    このおじいさんは 悪いことしている子供を見たら だれでも 「コラァ!」 こんな大人の存在が 子供を育てているんですよね(今は こんな 大人が少なくなっているように思えて・・・・  子供をしかれない大人?)

    カブトムシ取りで怒られ 逃げる三にん ヒデトシが始めに逃げたのに・・・ こけた  置き去りにして二人は逃げたけれども・・・

    ヒデトシのことを心配して、 おじいさんに たたかれているかも・・・
    どないしよう どないしよう この二人は 友達を置き去りに逃げたことに 罪の意識みたいなものを感じたのかな?(こころの表現がうまく描かれていますね)
    そして ヒデトシのところへいき カミナリじいさんに謝るのです
    この勇気! なかなか 出来ないですよね。  
    この二人の 勇気 友達のことを思う気持ちを カミナリじいさんは 優しい笑顔で「よくもどってきたなあ」褒めてくれるのです。そして 子供と共感して 「ともだちは たいせつにせにぁ いかんぞ。ともだちというもんは ええもんじゃな。」
    三人は、本当にそう感じたことでしょう。

     タイトルの「ともだちやもんな、 ぼくら」そんな 経験を大切に大人になっていくのがとても羨ましく思えました。(子供の頃の経験、思い出は 大切ですね)
    男の子の良い思い出。 女の子もこんな友達関係があるといいな〜

    福田さんの絵は 子供の心をうまくとらえているな〜 泣き顔も 笑顔も(おならばんざいも大好きな絵本です)

    投稿日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    5
  • 素晴らしい絵本

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子3歳

    カミナリじいさんの家の木とは気づかずに
    カブトムシをとるために木に登ったなかよし3人組。
    でもカミナリじいさんに見つかって、逃げ出して・・・
    だけどヒデトシだけは転んでしまった。
    あとの2人はヒデトシを置いて逃げてしまった・・・。

    その後の展開は、ある意味想定できる内容ですが、
    細かい描写がなんともいえません。
    つかまったであろうヒデトシとともに叱られるために戻る決意をしたマナブとぼくが、“ちびったらいけないから、オシッコしていこう”なんて言うところは特に好き!リアルな人間性が出てますよね。

    そしてセミの存在も大きい!
    セミは登場しないものの、鳴き声が絵本中に響いています。夏の暑い日のセミの鳴き声が、二人の葛藤に追い討ちをかけているような役割をしてますね。

    我が子も男の子だからか、妙に感情移入してしまいますし、すべての“少年”に読んであげたい絵本です。
    我が家も購入決定かな♪

    投稿日:2011/06/10

    参考になりました
    感謝
    4
  • 夏休みっぽい

    男の子3人がカミナリじいさんに怒られるお話です。

    カブトムシを見つけた時の喜びと同時に、よその家の木に登って怒られる恐怖が上手く融合している内容だと思いました。
    現代にこんなカミナリじいさんがいるのだろうか?と思ってしまいましたが…(笑)

    子ども同士の友情と、カミナリじいさんの本当の優しさが詰まった心温まるオススメの一冊です☆

    投稿日:2011/05/21

    参考になりました
    感謝
    4
  • 昭和みたい!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    おぉ!「おごだでませんように」の
    くすのき氏作品ではありませんか!?

    「全ページ試し読み」で読ませていただきました

    内容的には、昭和的(^^ゞで
    絵もぴったり!
    「上成」・・・かみなり じゃん\(◎o◎)/!

    その昔は、こういうおじいさんがいっぱいでしたね
    よその人に関わることって
    大切

    こういう事件、今の子ども達は経験出来るのかな?
    大事なことを気付かせてくれることを
    いっぱい経験してほしいけど

    投稿日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    4
  • 勇気と友情

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    全ページで試してみました。
    うちは娘二人だから虫取りの話は
    あんまり興味ないかもと思って読みました。
    しかし勇気と友情の話だったので
    私自身感動してしまい
    ぜひ子ども達に読んであげたいと思いました。

    勇気を出してかみなりじいさんに謝りに行き
    カミナリが落ちる、落ちる、と肩をすぼめている時の気持ち。
    そしてかみなりじいさんの満面の笑顔のページで
    (まあ、予測はできていましたが)
    ほっとしてじんわり胸にきました。

    一年生で始めての夏休み、
    はじめてのラジオ体操を経験することになる
    長女へプレゼントしたいと思っています。

    投稿日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    4
  • えぇときばっかの友達と違うもんな

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    全頁立ち読みで今、読みました。

    もう涙ボロボロ出てきて、しかも大笑いでした。

    マナブとヒデトシとぼくの3人がラジオ体操の帰り道に
    クヌギの木に大きなカブトムシがいるのをみつけたのが始まりです。

    つかまえよう!とじゃんけんして3人で捕まえていると、

    「こらぁ!なにをやっとるか!!」とのカミナリ声。

    なんとここは、いつも怒っているカミナリじいさんの家で
    「黙ってわしの家の木に登るとはけしからん!」と
    大きな声で怒られてしまいます。

    怖くなって逃げ出したヒデトシを追って走り出したけれど、
    先頭のヒデトシはこけてしまい、
    ぼくとマナブは倒れたヒデトシを追い越して走っていきます。

    でも、待っても待ってもヒデトシは来ません。
    二人がヒデトシのことを考えている時の
    背後のあの大きな大きなヒデトシの顔。
    もしかして、こんな目に遭っているのかも・・・の姿。

    大笑いです。笑って笑ってしまうのだけれど、
    マナブとぼくのとった行動で・・・泣けてしまいました。

    うんうん、やっぱり友達っていいよね。
    「えぇときばっかりの友達と違うもんな」

    今度、泣くの覚悟で兄ちゃんにも読んでやりたいな〜。

    投稿日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    4
  • 試し読みで。

    うちの子は息子なので

    いつかのために・・・と思って

    読んでみました。

    サザエさんにでてくるカツオくんと

    なみへいさんみたいに、

    やんちゃな子供とガミガミのおじいさん・・・

    といった感じでしょうか。

    私としては子供がもう少し

    大きくなったら読んであげたいと思いました。

    投稿日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    4
  • 「友情」の大切さを、ユーモアかつ迫力あるイラストで
    とてもわかりやすく伝えてくれています!

    娘が生まれてから、「生きる上で大切なこと」を
    わかりやすく教えてくれる作品を探すようになりました。

    娘が小学生になったら『ともだちやもんな、ぼくら』を一緒に読んで、
    「友情」の大切さを伝えたいと思います。

    投稿日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    3
  • ともだち・・・よかったね

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    夏休み、ラジオ体操の帰りにマナブがカブトムシを見つけた。ぼくとヒデトシの三人で、木に登ってカブトムシをとっていると、かみなりじいさんに見つかって、どなられてしまった。あわてて逃げる三人…ところがマナブが転んで、かみなりじいさんにつかまってしまう。ぼくとヒデトシは、そのすきに逃げてきた。逃げてはきたものの、そこで、二人の気持ちの揺れ動きが、見事に描かれている。
    暑い暑い夏休みの、早い午前中の過ごし方に、懐かしい想いを感じさせ、ここらがホッと温かくなるエピソード。
    『ともだち』について、考えさせらせ、気付かされるお話でした。

    投稿日:2011/08/16

    参考になりました
    感謝
    3
  • 悪い時も一緒

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    作者がくすのきさんとのことで試し読みで堪能させて頂きました
    今ではなかなか庭木にかぶとむしが」いるようなお宅はめったにないでしょうね・・・・
    昭和のころの背景の感じがしますが、子供はきっと今も昔も変わっていないと思います

    関西弁の男の子たちの会話がテンポよく、お話の展開にすっかりはまってしまいました
    きっと戻るに違いない・・・そうわかっていても、それまでの会話や夏の暑さがセミの声とマッチして臨場感が出ています
    カミナリじいさんなんて、今は存在するのかしら・・・・

    絶対に小学校の読み聞かせにはお勧めですね
    これからの季節に向かって、ぴったりです

    投稿日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    3

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ともだちやもんな、ぼくら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おこだでませんように / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / キャベツくん / なにをたべてきたの? / はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット