たかこ」 大人が読んだ みんなの声

たかこ 作:清水 真裕
絵:青山 友美
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2011年04月
ISBN:9784494025596
評価スコア 4.45
評価ランキング 10,410
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 周りの温かいサポートが素敵

    「たかこ」の素晴らしさは、その奇想天外な
    発想にも他ならないのですが、親の私が一番好きな所は
    先生方、周りの先生のサポートです。

    十二単で転校してこようと、髪が長いので体育の時間に
    髪を結ってくれたり、みんなと揃いの体育着を着ていなくても
    温かく接してくれているように見受けました。
    本来先生って、こういうモノなのではと思ってしまいました。
    子供の個性を大切にするって大変ですけど、このたかこの
    お話は良い意味で実現されている理想型だなと思いました。

    子供は、まるでタイムスリップしてきたようなたかこの
    存在とその気高さが面白かったようです。

    投稿日:2011/08/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • 古文

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子3歳

    子供たちの保育園に置いてあって、読んでみたいなと気になっていたところに、全ページ立ち読みがあるのを発見!

    今までになかった絵本。すごく斬新です。
    平安時代からタイムスリップしてきたような転校生「たかこ」が主人公。
    古文の勉強にもなりますよ。
    大人の私でもちょっと難しいくらい^^
    この絵本を読んでいたら、自然と古文に興味が出そうです。

    今度は子供たちと一緒に読んでみます♪

    投稿日:2011/09/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 昔も今も子供は同じかな?

    おもしろいと図書館司書の方のお奨めでした。

    たかこ 姫様の姿で 言葉も昔の言葉使い 扇で顔をかくし おしとやかそう
    今と昔 時代が違うと学ぶことも違うのですが すみで書く 琵琶をならす(楽器)
    でも 子供は 同じだな〜て思いました
    夜更かしして 眠かったり テストで他の子に負けて 悔しがった顔 笑えます(同じ 同じ 気持ちがね)
    そして みんなにからかわれて 追いかけるのもおもしろい なかなか負けず嫌いの たかこ 
    そして カミナリで 困ったとき たかこはかっこよかった!
    正義の味方の きりりとした顔  みんなもたかこに助けられ みんなにみとめられ  なかよく 囲碁を楽しむなんて やっぱり 子供は 環境になじみやすいのですね
    ぼくと囲碁の対戦も 楽しみですね!

    なかなか おもしろい発想の絵本でしたよ(ただ 子供は子供同士仲良く遊ぶんですね。 変わらず・・・・)

    投稿日:2011/08/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小学校の国語の教科書に、
    古文がでてくるようになりました。
    古文って、わたしにとっても、外国語だった〜。
    語になじみがなくて
    慣れるのにくろうしたもの。
    でも、この本を読めば、子どもたちも
    たかこさんを通して、
    古の言葉に自然にふれられるかも。

    投稿日:2011/08/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • なぞだ!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    なぜ「たかこ」が平安貴族の格好をし、言葉まで平安朝なのか、その辺はすべて謎です
    でも、ぼくはちょっとちがうぐらいの感覚で、一緒に学校生活を送ります

    たかこは容姿や言葉の違いのほかは、全く普通の女の子と変わらないのです
    負ければくやしいし、いじわるされれば怒る・・・
    そして友達が困れば手助けする・・・

    みんな違っていいというメッセージが、たかこのびっくりするぐらいの容姿の違いで、子どもにもわかりやすく受け取られるのでしょうか

    次回作も楽しみです

    投稿日:2011/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 違いを恐れない人に

    ある日、主人公のぼくのクラスに、転校生がやってきました。
    名前は、たかこ。
    十二単を着て扇で顔を隠して平安時代の言葉を使うたかこは、他の子とは違う部分をたくさん持っています。
    やがて、違いを認められない子どもたちから、からかわれるようになりました。

    自分とは違うものを持つ人を受け入れられないのは、自分の領域を侵されることを怖れるからだと思います。
    怖れるだけならまだいいけれど、その気持ちが高じて、その人を攻撃してしまったら大変なことです。
    もっと自分に自信を持って怖れない度量を身に付けたら、誰のことも傷付けないですみますね。
    そうありたいと思います。

    とても素晴らしい絵本です。
    多くの方々に読んでいただきたいです。

    投稿日:2021/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • たかこ〜

    面白かったです。
    たかこさん、身近にいたら楽しいだろうなぁ。
    シュールなものが好きな者にとっては、たかこさんの世界観、言動、色々つぼなんですけど、小学生くらいだと、なかなかそうはいかないみたいですね。
    他とは違うことで、からかわれたりする対象になってしまう。。
    最後、たかこさんの十二単がピンチを救った場面は見事でしたね。

    投稿日:2021/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモラスに仕上がっています

    しまいまで読んでみるとこの子は【昔懐かしいよじん】かなと思いました。
    言葉は現代とはちと違いますが、いっていることはなんとなく子どもたちにはわかるようでした。

    たとえば十二単といってもなかなかわかってもらえませんが、雨の日にこうして絵になってみると言葉ではわからないことも絵でわかりますね。

    子どもたちには難しい内容ですが、ユーモラスに仕上がっていて
    作者の伝えたいことがじんじん伝わってくる作品で感動しました。

    こうした内容の作品もっともっと読んでみたいです。

    投稿日:2018/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクト大

    全頁試し読みで読みました。「たかこ」のタイトルと表紙の美人の絵を見てインパクト大の「たかこ」に一目ぼれしてしまいました。12単衣をみにつけたたかこの行動や言葉にも目が離せません。身近にいたら、面白いだろうなあと想像するのも楽しかったです!

    投稿日:2017/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3-1の転校生

    おじゃる丸の女の子バージョン?と思ったらさにあらず。
    平安時代そのままの転校生少女、たかこのおはなし。
    何と十二単に扇というビジュアルに、平安言葉。
    それが、小学校生活の中に不思議と溶け合っているのが、新鮮な光景です。
    圧巻は学級遠足。
    突然の雹(ひょう)に見舞われますが、たかこの十二単で無事クリア。
    さりげなく奥ゆかしい着物の色の名前まで学ぶことができます。
    古臭い?
    いえいえ、逆に新鮮です。
    このひねりに脱帽です。

    投稿日:2017/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たかこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / キャベツくん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あめふりあっくん
    あめふりあっくんの試し読みができます!
    あめふりあっくん
    作・絵:浜田 桂子 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    お母さんと離れたくなくて保育園で大泣きするあっくん。涙と雨、どちらが先に止むかな?


絵本「ぴょーん」作者まつおかたつひでさんインタビューby好書好日

全ページためしよみ
年齢別絵本セット