話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

イタチとみずがみさま」 大人が読んだ みんなの声

イタチとみずがみさま 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784265070480
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,910
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イタチの戒心

    イタチのアザミに向ける恋心と、みずがみさまに唾するような罰当たりと、同一人物の二つの面が、干ばつの中で織り込まれた名作だと思います。
    今にもアザミが枯れそうなのは、自分の粗相のためだと思うと、イタチは居ても立ってもいられなかったでしょう。
    結果としての雨乞い、結果としての降雨ですが、自然の中で生きる人間にとって、まさに恵みだったでしょうね。

    投稿日:2020/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水神様のばち

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    梅雨の季節にピッタリとセレクト。
    田んぼの脇に咲くアザミに恋したイタチ。
    その年は日照りで作物も枯れ始めていたのです。
    もちろん、アザミも。
    イタチはアザミのために水乞いするのです。
    イタチの恋ゆえの行動と、農家の人々の困惑が織り込まれています。
    水神様という存在、そして、水乞いするイタチの献身。
    この感覚、やはり、子どもたちにも伝えたいですね。
    日照りの原因は、意外にも、ラストでさりげなく考えさせられます。
    独特の語り口が、ストーリーと相まって、いい雰囲気でした。
    小学校のおはなし会で読みます。

    投稿日:2014/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「イタチとみずがみさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット