新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

あのくも なあに?」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

あのくも なあに? 作:富安 陽子
絵:山村 浩二
出版社:福音館書店
税込価格:\429
発行日:2011年07月
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,302
みんなの声 総数 9
「あのくも なあに?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すごいっ!

    季節や天気によって色んな表情を魅せる“雲”が題材です。
    この作品を読んで、僕が小学生の時、友達の女の子が言っていたことを思い出しました。
    「わたし、雲をみて物語を考えるの」
    作者の富安陽子さんも、きっとそんな少女だったのでしょうか。
    当時の僕は、どういうことか理解できず、ただすごく創造力があるんだなと感心するだけでした。
    大人になった今は、やはり空想まではしませんが、夕焼け空をぼーっと眺めるのが好きになり、たまに「あの雲は何かに見えるね」と息子と話すことはあります。
    また、掴みどころのない雲を、実写のような絵で描ける人はすごいっ!と思うようになりました。
    この作品の見所は『くだもの だもの』の山村浩二さんの絵にもあります。写実的でインパクトが強いけれど、ほのぼのと親しみやすい画風が特徴的です。今回の主役は雲なので、キャラクターたちは一歩下がって、控えめに描かれているように映りました。
    僕の中で雲といえば積乱雲(にゅうどう雲)です。りゅうの棲家と表現され、見た目にも力強く、怖いと感じるほどの存在感。でもなぜか目を惹きつけて放さない魅力があるんですよね。
    また、朝焼けに染まるカーテン雲も、原画で見てみたいと思うほど綺麗な描写です。
    “ちいさいかがくのとも”として見る以上に、価値のある作品だと思います。

    投稿日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あのくも なあに?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / だるまさんが / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



角川の集める図鑑GET!シリーズ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット