なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

おじいちゃんがおばけになったわけ」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

おじいちゃんがおばけになったわけ 作:キム・フォップス・オーカソン
絵:エヴァ・エリクソン
訳:菱木 晃子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年06月
ISBN:9784751522783
評価スコア 4.8
評価ランキング 283
みんなの声 総数 142
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 涙で最後まで読めない

    おじいちゃんの事が大好きだったエリック。
    ある日突然おじいちゃんは、心臓発作で死んでしまいます。

    「じぃじは、どうなるの?」と尋ねると、「じぃじは天使になる」とママはいい、「土になる」とパパは言います。
    どっちもエリックにはピンときません。

    その夜、じぃじがエリックの部屋にやってきます。
    「この世に忘れ物があると、人はおばけになる」
    じぃじとエリックは二人でじぃじの忘れ物を探すのです。
    じぃじが忘れ物を思い出したシーンにはジーンときます。

    先月、祖父を亡くした息子へ読みました。
    でも、涙で最後まで読めませんでした。

    もっと、普段に読んでやればよかったかな。

    投稿日:2018/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な人とお別れをすること。生死に関わるお別れは
    とても大事なものだということに気づく絵本だと思いました。

    今の時代、じぶんのこと優先して別れをぞんざいにする人も
    います。ですが、この絵本はまだ死についてわからないこどもに
    おじいさんは、お別れするということはどういうことなのか
    一緒におばけになったわけを探すことで理解させようとしているのかな?
    と思いました。

    おじいさんはやさしくエリックに語りかけます。おばけなのに怖いと
    エリックは思いません。生きていたときのやさしいじいじと大切な
    時間を過ごすことになります。

    おじいさんの昔の話、孫と楽しく過ごした思い出を
    エリックに伝える。それはまるで「わすれないでね」と言っている
    ようです。

    おじいさんのおばけになったわけはみつかるでしょうか。

    人として死という別れの大切さをおじいさんは孫にやさしく伝える絵本です。

    「いつまでもおばけのままではいかんだろう。」

    子供にとってはとてもおもしろいボケなのかもしれませんが、
    このフレーズでなにか子供たちもなぜおばけのままではいけないのか
    考えることができればいいと思いました。

    投稿日:2017/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な忘れ物

    大好きなじぃじが、亡くなりました。
    お葬式も終わった頃、じぃじがオバケになってやってきたのです!!
    オバケといっても、怖いことはありませんよ。
    じぃじと過ごす時間の、素晴らしいことと言ったらありません。
    そして、大切な忘れ物・・・さよならの言葉は、感動します。

    投稿日:2014/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は育っていく中で必ず悔しいことや悲しいことに出会います。当たり前のことですが親がどう頑張ってもそれを防いであげることはできませんし、それが人生の真実の姿ですよね。
    小さな子供達が乗り越えなければならないことに出会ったとき、このお話のように少しずつ納得しながら前に進んでくれることが理想ではないかと思います。そんなときのために是非一度読んで欲しい本です。心が引き裂かれそうになったとき、ふとこのお話を思い出して頑張って欲しいです。そうやって強く優しい心を持つ人に育って欲しいです。

    この本を読みながら、私自身が乗り越えてきたいくつかの悲しいことが思い出され、ちょっっぴり涙が滲みました。

    投稿日:2010/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんありがとう〜。

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    題名を見て借りました。
    どうしておばけになったのか、興味津々。

    結果は…。涙うるうるモノでした。
    お別れは悲しいけれど、おじいちゃんの優しさに嬉しくなりました。

    もし、おじいちゃんおばあちゃんとお別れしたら、悲しいだろうなぁ。
    時間が経ってから、そおっと、読みたいお話です。

    うちは両家のおじいちゃん、おばあちゃんが健在で、幸せだなぁ。

    投稿日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おじいちゃんがおばけになったわけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

まくらのせんにん そこのあなたの巻 / はけたよはけたよ / バムとケロのさむいあさ / めっきらもっきらどおんどん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / へんしんトンネル / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット