星のひとみ 星のひとみ 星のひとみの試し読みができます!
絵: せな けいこ 文: 石井 睦美 原作: サカリアス・トペリウス  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
せなけいこ幻の原画が復活! クリスマスイブにおこった、美しい冬の物語
レイラさん 50代・ママ

クリスマス前夜
フィンランドのトぺリウスの代表作ですね…

ねずみのへやもありません」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねずみのへやもありません 作:カイル・ミューバーン
絵:フレヤ・ブラックウッド
訳:角田 光代
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年07月
ISBN:9784265068265
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,874
みんなの声 総数 7
「ねずみのへやもありません」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろい

    母と二人暮らしなのにとても大きな家に住むクリストファー。

    困っている人を見つけると家に誘うクリストファーなのですが、お母さんは気づきません。

    どんなに忙しくとも家が大きすぎたとしても、これは絶対に気づきそうだと読者が思っても、お母さんが気がつかないというのがおもしろいです。

    家族が増えた時の平面図が圧巻だし、表紙の絵もおもしろさを誘います。

    このコンビで他にも作品があるなら読んでみたいです。

    投稿日:2011/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんは達人

    考えると不思議なお話です。
    だだ広い大屋敷に住んでいるクリストファーとお母さんとねずみのスニーキー。
    どれだけ部屋があるかわからないという屋敷に、心優しいクリストファーは困っているおばあさん、友だち家族、オーケストラにサーカスと、次々困っている人たちを招き入れます。
    それそれの人たちの家を失ったり、場所を失ったりした理由も一風変わっているのですが、クリストファーが招き入れる人たちに、お母さんはわれ関せずとばかり、家事に大忙しです。
    お祭り状態になった家の中のあちこちの風景がとても楽しい絵本です。
    とくにそこに登場するお母さんの行動は、周りの人が目に入らないのか自分の世界にとっぷり使っています。
    これで、どこに行ったかわからないクリストファーが見つからなかったら、お母さん失格ですね。
    あちこちに楽しさが詰め込まれている絵にも注目です。

    投稿日:2011/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみのへやもありません」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット