話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

地球をほる」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

地球をほる 作・絵:川端 誠
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2011年09月01日
ISBN:9784776404927
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,801
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そうか、ナナメか。

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    最近、宇宙や地球にも興味出てきた兄ちゃん。

    何も言わずに置いてたら、今日はコレと持ってきました。

    地面に穴を掘って、地球の裏側へと行ってみよう!と計画します。
    しかし、まともに掘ると「マントル」にぶつかるから・・・
    ナナメに掘って行くことに。

    で、ナナメに掘るとちょうどアメリカに出るから、
    お姉ちゃんのお友達のところを目指して3人で出発!

    掘って行く様子は、すごいすごい!

    深くなるたびに、埋まっているものがどんどん変わっていくので
    あんまりよく分らないはずの弟でも「あ!恐竜!」とか楽しい♪

    無事に地球の裏側へとたどり着くのですが・・・。

    伏線が張られていたことに、ラストで気がつきました。
    う、そうきたか〜!! 

    読後、兄ちゃんだけでなくて弟までが
    「そうか、まっすぐじゃなくてナナメか」と言っていて
    ドキドキしました〜。

    投稿日:2011/11/09

    参考になりました
    感謝
    5
  • 地球の裏側に

    なん百キロも離れた、地球のまっ裏側に、誰かがこちらに足を向けて(お互い重力で地球の中心に引っ張られて)立っている。
    そして、地球の自転に伴い、その人と逆向きに実際、動いていると思うと、とても不思議な気がします。

    もし超高速で、地面を掘っていくことができたら、ぜひ行ってみてみたいですよね。

    それを、かの川端誠さんが、絵本にしました。
    面白いです。

    投稿日:2017/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 回しながら読む絵本

    夏休みのお話なので、夏に読みたい絵本です。
    とても面白くて、何度も読みました。
    英語の所は、ちょっと難しくて、読むには練習が必要です。

    つよしは夏休みに、地球を斜めに掘ってアメリカのケンタッキー州に友達のお姉さんのペンフレンドに会いに行きます。

    途中で、絵本をぐるぐる回して読むのが楽しいです。

    地面の中には恐竜の化石も埋まっています。
    ついたところはサンダースさん家の一軒となり。

    ここからは英語と日本語で書かれています。

    手元に置いておきたい一冊です。

    投稿日:2018/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • えー!

    「地面に穴を掘って、アメリカに行く」という、壮大な計画ですね。
    現実的にはありえないお話なのですが、「まっすぐ掘ると、マントルにぶつかるから、斜めに進もう」など、リアルな部分もあって面白かったです。
    次第に絵本を回転させていく構成が、工夫されていると思いました。

    投稿日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつの時代も、子供達は冒険者

    小学4年生の次男が、過日読み聞かせで読んでもらった本、スンごく面白かったから図書館で借りよう!と。
    題名がまず気に入った。かつて自分が子供の頃、考えて、いつかはやってみたかった事だからだ。大人は馬鹿にしてとりあってはくれなかったし、現実を色々と知っていくとそんな思いや考えは自然と消滅。ふっと子供の頃の野望が蘇ってワクワクしながら読んだ。
    ある程度の現実と飛躍、経過時間の短縮ではあったが、読み応えはまずまず。途中から本をひっくり返して、英文(日本語訳付き)になる辺り、ちょっと手が混んでいて私は好きな構成だった。
    とあるHPでは小学4年生にお勧めのNo.1の絵本だそうだが、4年生に限らず、ちょっと長い夏休み、こんな冒険したくなる、そんな1冊として、低学年から私みたいな思いで子供の頃を過ごした大人まで楽しめると思う。

    投稿日:2013/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど

    壮大な計画を実行!
    どんどん穴を掘り進んで、いろんなものが埋まっていて・・・。
    こどもは喜んで見ていました。

    あちらに抜けると、ほぼ計画通りに着いて・・・。
    そう、あちらに着いてからに一読者として少〜し不満があります。
    もう少しこころ温まる出来事か、予想外の展開がほしかったかな、と。
    贅沢でしょうか。

    こどもは読み聞かせた後に、自分で地下のページを見て楽しんでいました。

    投稿日:2012/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本をまわしながら読む、意外性が楽しい!

    地面を掘って地球の反対側に行こう!という誰もが一度は考える夢のような計画を叶えてくれるお話です。

    目的地はアメリカ。
    どんどん掘っていく過程はページをめくるたびにだんだんと傾いていくので、アメリカに到達する頃には本をさかさまに持つことになります。
    地面の中にはUFOあり、恐竜の骨あり、またチリの落盤事故の際に救出に使われたカプセルなど、話が広がるネタ満載です。

    アメリカに到着すると、現地の人との英語のやりとりも出てきます。日本語訳もついています。英語の授業が始まる中学年以上には英語に興味を持つきっかけにもなるかなぁと思います。


    投稿日:2012/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本回転読み!

    川端誠さんの絵本はホントに発想が面白い!
    今回も“絵本を少しずつ回転させながら読んでいく”という行為を新鮮に楽しめました。
    息子達にとっても、インパクト大だったみたいです。

    「地面の穴を深く深く掘ると、どこへつながるの?」
    「地球の裏側に行けるの?」
    誰もが一度は考える謎。
    このことを痛快に表現した絵本です。

    アメリカに到達した後の文章がガラッと英語に変わるのも面白い(^o^)
    片言の英語で読みました。。。

    小学生以上にオススメします!

    投稿日:2011/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  •  つよしとけんたは、地面に穴を掘り、地球の裏側に行く計画を立てます。行く先は、けんたのお姉さんのペンフレンドがいるケンタッキー州
    。両親の協力で、二人はずんずん穴を掘ります。
     そして、着いたところは、お隣の家。びっくりしたお隣の家の人が穴から見たものは、富士山。
     とっぴょうしもない思いつきを、実行する二人と協力する両親に拍手を送りたくなります。また、地面の奥深くに埋まっているいろいろなものを見つけるのも楽しいです。
     絵本にも工夫があります。穴を掘り進んでいくと、絵本の天地が逆になっていきます。また、アメリカに出ると英語と日本語で書かれています。

    投稿日:2011/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 覗いてみたい!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    穴を掘って地球の裏側へ・・・。
    こんな想像一度くらいあるのではないでしょうか?
    しかし、地球の真ん中マグマが・・・
    だったら斜めに掘っちゃうなんて発想が新しくて面白かったです^^
    ペンフレンドの住所の方向に向かい掘り進めてるうちに本が180度回転している仕組みも面白い!
    穴を覗くと富士山が見えるページがすごくすごくいいですね〜!!
    覗いてみたいです><♪
    想像力を擽ること間違いナシの一冊です☆

    投稿日:2011/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「地球をほる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ももたろう / しっぽが ぴん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

全ページためしよみ
年齢別絵本セット