新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

でんせつの きょだいあんまんを はこべ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

でんせつの きょだいあんまんを はこべ 作:サトシン
絵:よしなが こうたく
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2011年09月
ISBN:9784061324817
評価スコア 4.68
評価ランキング 2,096
みんなの声 総数 79
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙で笑いだす

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    3〜5歳児に読みました
    表紙を見せたらもうそれだけで、男のたちは笑い出しました
    女の子の中には「こわそ〜」と怖れをなす様子も見受けられます

    いざ話が始まると「あんまんだ」とお話に入り込む子どもたち
    ただ途中リーダーを選ぶ過程や、設計図のあたりで、集中力が途絶えてしまう子どももいましたが・・・・

    なにしろ蟻たちの表情に惹きつけられて、目を輝かせて、お話に見入ってました
    最後のオチは3歳の子供にはちょっとわかりづらかったかもです

    一緒に見ていた先生のほうがうけまくってました!

    こうたくさんの読み聞かせを参考にさせて頂き大変助かりました

    投稿日:2011/10/26

    参考になりました
    感謝
    3
  • ざんね〜ん!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    「あんまん」「あんまん」と言っていると
    なにか伝説の不思議なもののように魔法をかけられたような
    気持ちになってしまいます。

    いつも庭でしゃがみこんで眺める
    ありちゃんたちがこんな団結力を持って
    いろんなものを運んでいるかと思うだけで
    ワクワクします。
    しゃがみこんで筋肉ムキムキのマッチョなありちゃんを
    みつけたい!見つけようと張り切る息子です。
    いつもちょっといたずらをする息子ですが
    絵本の中の必死な様子にありちゃんにいたずらするのを
    ためらいそうです。

    あんまんを割ってみると・・・・
    ケタケタ大笑いでした。

    投稿日:2011/11/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子どもに元気がない日の読み聞かせに

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳

    「これ買いたい!」
    これが読み終えた後の4歳娘の第一声でした。
    5年生の兄は
    「あほや」
    といいつつ面白がっているようでした。
    こんな勢いある読み聞かせはあり得ない!?というような読み方で迫力を出してみましたが、大受けでした。受けをねらう読み聞かせには最適でしょう。読み聞かせのネタのひとつにしたいと思います。子どもの元気がない日に読むとパワーが出てきそうな楽しい絵本でした。

    投稿日:2011/10/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • アリ男の迫力の顔が目に焼きつきます!

    アリたちが女王アリの命令で落ちてきた巨大あんまんを割らずに巣に運ぶのですが、実は巨大ではなく、人間でいうと普通のあんまん(本当は肉まん)サイズです。アリの生き生きした姿や、アリレオ・アリレイ(ガリレオっぽい)の図面をもとに古代エジプト人のような方法であんまんを必死の顔で運ぶところがおかしく、子供と一緒に笑ってしまいました。本当はこういう仕事をするアリはメスだけど、絵本を面白くするためにオスにしたとのことで、解説でも子供の知識が増えそうです。

    投稿日:2011/10/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 迫力ある絵が魅力的!!

    息子が表紙を見て選んだ作品です。

    かなり迫力ある絵が印象的で力一杯に働いているアリの世界が素敵に表現されていて男の子はかなり魅力を感じる作品だと感じました。

    いつも外に行けば見かける身近なアリに興味をもち公園でもアリ観察をするようになりました。アリが食べ物を巣穴に運びこむのをニコニコ見ています。

    お話しでは巨大なアンマン!をなんとかみんなで力を合わせ運びます。
    アンマンだと思ってみんな頑張っていたけれど…
    いったい中身は何だったのかな?ぜひお子さんと読んでみて下さい。
    最後はきっと爆笑ですよ。

    投稿日:2012/08/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • くせになる味わい

    ある日、巨大な白いものが落ちてきた。
    それこそアリの世界で伝説として知られる「あんまん」だった!
    中身のあんこの甘さを想像しながら、
    アリたちは力と頭脳の限りを尽くして、
    その形のまま「あんまん」を巣まで運ぶことに成功する。
    驚愕のラストシーン・・・、はじめて読んだときのインパクトも素敵だが、
    その結末を知った二周り目以降は物語自体の魅力がさらに増して感じられる。
    大げさともいるスケールで語られるアリたちの努力を
    ニヤニヤ、ニヤニヤしながら読むのが楽しいのだと言ったら
    嫌な奴過ぎるだろうか!?
    大どんでん返しのお話にありがちな一回きりを楽しむものではなく、
    スルメの味わい方ができる絵本だ。

    投稿日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 熱い笑いが込み上げてくる一冊

    • にごじいさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子2歳

    絵も話も大迫力じゃ。直視をはばかれるくらいのパワフルな絵に、お話もぐいぐい進む。アリロウやらアリレイやら多国籍軍のような名の屈強なものどもが、協力して巨大なあんまん? を運ぶ。力がみなぎってくる絵本じゃ。

    オチを記すと、あんまんは中を開けると肉まんなのじゃが「それも、アリか」と締めくくる。これほど熱い笑いが込み上げてくる一冊を他には知らぬ。

    投稿日:2018/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチに衝撃!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    こどもがけっこうお気に入りな様子です。
    タイトル通りにあんまんを運ぶお話です。
    アリ達が主人公なので巨大あんまんなんですね。
    オチに衝撃!?
    こどもがおもしろがっていました。
    独特のノリ・迫力があっていいです。

    投稿日:2018/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 熱い絵本にびっくり

    こんな暑苦しい熱い絵本は初めてでした。

    アリ達の力の入った絵の影響か、私の読み聞かせる口調も知らず知らず熱のこもった感じになり、娘も「アリさん頑張れ!!」って本気で応援し始めて(笑)

    意外にも娘はアリさんみんなで相談しているページが好きみたいで。
    なんとなく娘も参加?しているようでした。

    最後の肉まんかよ!!って感じも毎回親子で爆笑です。

    パパに読んでもらうとまた読み方が違うみたいで、何度も読んでゲラゲラ笑っています。

    甥っ子にも読んであげたくなりました。

    投稿日:2011/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「でんせつの きょだいあんまんを はこべ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / しろくまのパンツ / ハエくん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット