クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

モナ・リザをぬすんだのはだれ?」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

モナ・リザをぬすんだのはだれ? 作:ルーシー・ナップ
絵:ジル・マックエルマリー
訳:結城 昌子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784001112283
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,371
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モナ・リザのいろんな表情

    いかにも絵画の専門家ルーシー・ナップさんの書いたお話。
    それをジル・マックエルマリーさんの軽妙な絵が楽しい。
    レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたこと、ルーブル美術館におかれていること、盗難にあったこと、断片は知っていてもこれだけのお話は知らない。
    解説の詳しさに美術館に行っている感じになりました。
    描かれた「モナ・リザ」の様々な表情。
    いろんな人の手に渡り、いろんな人が美術館を訪れ、そして盗難にあって苦難の日々を送り…、モナ・リザの絵に心があったらこんな気持ちなんだろうな。
    「モナ・リザ」の絵が盗まれて、それを気遣う周りの絵。
    絵にこれほど表情があるというのも良いですね。
    今まで以上に「モナ・リザ」が好きになりました。



    投稿日:2012/01/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • モナ・リザの視点で

    小学生の娘が、学校の読み聞かせでこの絵本を読んでもらったらしく、とても面白かったと言うので私も読んでみました。
    モナ・リザの視点でお話が進み、レオナルドダヴィンチのこと、盗難事件のことが詳しく語られます。
    私も昔ルーブル美術館に行った時、「モナ・リザは見とかないと」ぐらいの感じで見ましたが、この絵本を読んでから見たら、より楽しめたかなと思います。子どもたちにも名画に興味を持ついいキッカケになったようでうれしいです。

    投稿日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 500年の秘密

     モナリザの謎のほほえみ、、、あれは、500年以上にわたる秘密を知っている、というほほえみだったとは。

     中世のヨーロッパをおもわせる、セピアの色あいで描かれている絵がすてきです。
     自分が盗まれてしまったことを、モナリザ目線で語っているのが新鮮でした。歴史や事件のことが、よくわかりました。

     モナリザを見つめる人の数に圧倒されます。なぜか、ロブスターを持っている人や、宇宙服を着ている人もいて、子どもはおもしろがっていました。

    投稿日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「モナ・リザをぬすんだのはだれ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット