新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト

はろるどのクリスマス」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

はろるどのクリスマス 作・絵:クロケット・ジョンソン
訳:小宮 由
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784579404476
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,772
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お絵かきクリスマス

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    はろるどというシリーズがあるのですね、
    クリスマスコーナーで見つけたので気づきませんでした。
    はろるどは色々描いていき、最後には
    素敵なクリスマスをお部屋で迎えるようです。

    シンプルな絵に色、
    少しずつ物を描いていく様子は面白いと思います。
    でもちょっと独り言みたいでさびしいかな?
    はろるどという主人公がサクサク上手に描いていくので
    ほうほうと読み進めていくうちに終わってしまいます。

    装丁や色合いは好きなのですが
    クリスマスだともう少しカラフルで賑やかなほうが
    子どもに嬉しいかなと思いました。

    投稿日:2014/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空想の世界が楽しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    作者のクロケット・ジョンソンは、1906年のアメリカ生まれ。
    2011年11月の新刊だったのですが、初版は1957年。
    半世紀も経っての邦訳ですから、実に息の長い作品だということが分かります。
    「はろるどとむらさきのくれよん」シリーズの1冊にあたります。

    物語に登場するのは、はろるど坊やと、紫のクレヨンのみ。
    紫のクレヨンで描くと、それが立体化するというシリーズなので、その展開が実に楽しい作品です。
    特に、今回は、クリスマスの設定ですから、その楽しさは格別。
    クリスマスツリー、サンタクロース、トナカイ、そりなんかを描いてストーリー自体を創作してしまうのだから、聞き手にとってはたまらないはずです。

    はろるどの飄々とした雰囲気も良く、空想力をかきたてる作品として、オススメします。

    投稿日:2012/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はろるどのクリスマス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / くだもの / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット