ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽんの試し読みができます!
作: ちかつたけお  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
子どもの想像力をはぐくむ、新感覚の絵本! 1・2・3さい向け

さんすうサウルス」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

さんすうサウルス 作:ミッシェル・マーケル
絵:ダグ・クシュマン
訳:はいじま かり
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784834026085
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,899
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しみながら学べる作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2009年のアメリカの作品。
    主人公は、ティラノサウルスの子供。
    何と、生まれた時からさんすうが好きという設定です。
    作のミッシェル・マーケルが、小学校の教員だった頃に息子達が算数の文章題を嫌うので、恐竜が登場する文章題を作ったところ好評だったので、その経験を元に生まれた作品とのこと。

    何と言っても、恐竜が算数をするというアイデアが◎。
    これなら、苦手意識なく楽しみながら、学ぶことが出来るはずです。
    ちょっと文章題が高度なので、幼稚園児にとっては難しいかも知れませんが、早い時からこうした文章題に接するというのは、貴重な体験だと思います。

    出来れば、もう少し難易度を下げた作品があると、良いのではないでしょうか?
    意外に、幼稚園児でも、算数の仕組みが理解出来るかも。

    投稿日:2012/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • さんすうにふれる絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子6歳

    生まれた瞬間から自分の指の数をかぞえ、足し算をするさんすうサウルス。天才すぎる!
    2,4,6,8,10の数え方やかけ算、立体、算数で習うことをさらっといろいろ教えてくれます。少し知識のついた小2くらいの子にちょうどいい絵本だな。って思いました。

    投稿日:2019/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数字というものに興味がもてると思います。
    主人公が恐竜っていうのもいいですね。
    子ども達の食いつきがいよいです。
    初めは簡単な計算など出てきますが、
    別に教えるための絵本ではありません。
    算数っていうものになんとなく
    興味を持ってもらえたらいいなと思いました。
    三年生から6年生くらいまで使えると思います!

    投稿日:2014/06/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さんすうサウルス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ちょっとだけまいご / どうする ジョージ! / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット