話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

マイマイとナイナイ」 大人が読んだ みんなの声

マイマイとナイナイ 作:皆川 博子
絵:宇野 亞喜良
編:東 雅夫
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784265079520
評価スコア 3.91
評価ランキング 38,492
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 発想がすごいです!!!
    途方もない救いのない感じがたまりません!!

    予想もつかないくらいに引き込まれて、夢中で読みました。特にラストは最高ですね。

    宇野さんの絵も素晴らしいです。見惚れてしまいます。

    「怪談えほん」ですが、子供向けではないような気がします。
    不気味というより、私は病的に感じました。

    そこがいいんですけどね!大人向けだと思います!

    投稿日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 正直話の内容は面白いとは思わなかったのですが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    宇野亜喜良先生の絵の感じが好きな人は見ているだけで楽しいのではないでしょうか。瞼の奥に広がる夢の世界はファンタスティック。これは本当に怪談なんでしょうか。マイマイってカタツムリの別称と思うんですけど、私の住む地方だけ?

    投稿日:2014/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 怪談えほんシリーズの2作目。

    自分にだけみえる弟、ナイナイを見つけた少女マイマイは、ナイナイをくるみの殻にいれて花を摘みに行く。
    そこから始まる、不条理な世界は、ただただ…そう…気持ちが悪いです。

    宇野亞喜良さんが描くマイマイは蠱惑的で、少女にも、成熟した女性にも見え、降りかかる「怖いはず」の出来事を抵抗なく受け入れるようです。とても「危うい」です。

    何度か読んでみましたが、この本を子どもに紹介する理由がどうしても思いつかず、☆1つにしました。

    大人は、☆1か☆5かで、好みと評価の分かれるところだと思います。

    投稿日:2020/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 【内容】
    少女マイマイは、ある日、小さな弟を見つける。父も母も小さすぎる弟は見えない。クルミの殻に弟を入れ、二人は森に行く。白い馬に右の眼を壊されたマイマイは、クルミを右目に入れるが…小さな弟と姉の、不思議な物語。

    絵:宇野亜喜良
    編集:東 雅夫

    【感想】
    精神の異常を感じさせる、不気味な話でした。言葉が詩のようによく練られていて、一つの言葉からいろいろなものを暗示させてくれます。絵の雰囲気が西洋的で、非日常的。出てくる人物も白人っぽい骨格と、アンバランスな体形。病的な世界をうまいこと作っています。
    単純ではないお話なので、何がどう恐ろしいか説明しにくい。「わからない状況になって、助からない」、「どんどん変な世界に突き進んでしまう」という恐ろしさがあります。基本的に、自分が理解できないものは怖いと感じる人間の本能のような部分に訴えかけてくる作品で、読み終わった後に、嫌な気持ちが割と長く残り、その日に見る夢に出てきそうな、息の長い恐怖感がゆっくり味わえます。

    こういう作品を、自分が子どもの時に読んだことがないので、何とも言えませんが、大人が読んでも十分摩訶不思議な恐ろしさを体験できると思います。
    特に、精神的に参ってくるような、恐怖感を体験できる作品と言えます。
    自分を見失っていく恐怖、良かれと思ってやったことが最終的にはすべて裏目にでていく恐ろしさ、理不尽で理解不能な展開…。
    この絵本を読むと、自分が今ここに本当に存在しているのか疑問になって、つい、自分の顔を叩いて確認したくなります。ご期待ください。

    投稿日:2018/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壊れた右目

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    怪談えほん2。
    一見ファンタジーのようですが、実に生々しいストーリーです。
    少女マイマイは、両親には見えない小さな弟ナイナイと出会います。
    クルミの殻にナイナイを入れて出かけたマイマイは、
    馬との接触事故で右目を壊してしまいます。
    そこで、その右目にナイナイのいるクルミの殻をはめるのです!
    夜の夢?
    マイマイの心?
    ずっとマイマイに寄り添うカタツムリは、マイマイの化身でしょうか?
    とすると、殻が呼応します。
    殻に閉じ込められた心。
    宇野亜喜良さん独特の少女像が、ヒタヒタと迫ってきます。
    散りばめられたアイテムが気になります。

    投稿日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の臓に「ゾクリ」ときます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    「怪談えほん」シリーズの1冊です。
    もう、なんというか「ゾクリ」とくる怖さがあります。
    今回のこのシリーズはどうやら大人向けの本格小説を書かれている作家さんたちに会えて、「絵本」というジャンルで「怪談」を語ってもらっているようです。
    なので、内容的にはわざと子どもたちに媚びたような感じはありません。
    独特の世界観をそのまま絵本として表現してくださっている気がします。

    今回の「マイマイとナイナイ」も怖かったです。
    心の臓にグサッ!ゾクッ!ときました。

    宇野亜喜良さんの固めになった「マイマイ」怖すぎです!
    怖いのが大好きな小学校高学年以上のお子さんたちにお薦めします。

    投稿日:2012/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何ができるだろう…

    「怪談えほん」という謳いに釣られて手に取ってしまいました。

    美しい少女マイマイに襲い掛かる悲劇。

    あまりに小さくて両親には見えない弟のナイナイ。
    愛しんでいたその弟の蛮行で苦しむマイマイ。

    「ねぇ、きみ、たすけてやって。」
    救い無くこの言葉で終わるこのお話は、けっして読み心地はよくありません。

    色々な問題を提議しているのでしょう。

    マイマイに何をしてあげられるだろう…
    しばし本気で考えてしまいました。

    宇野さんの絵だから読んでみたくなった作品でした。
    宇野さんでなければ、描けない世界だとおもいます。
    ひとかけらの笑顔もなく、無邪気に楽しむナイナイの表情に
    薄ら寒い物を感じました。
    でも好奇心旺盛で無心な子供の本当の姿かもしれませんね。

    投稿日:2012/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マイマイとナイナイ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

だるまちゃんとてんぐちゃん / 1つぶのおこめ / いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.91)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット