話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

あさになったので まどをあけますよ」 大人が読んだ みんなの声

あさになったので まどをあけますよ 作:荒井 良二
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2011年12月
ISBN:9784032323801
評価スコア 4.76
評価ランキング 760
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • とてもきれいな絵本でした
    山の中の家 窓を開けて 新鮮な空気を吸うと生きている喜びを感じることが出来ますね
    この絵本は詩的で、絵もきれいですいろんな町や いろんな所に住んでいる人間の姿が浮かび上がってきます
    晴れている時もあれば 雨の日も そしてよるが終わると朝がやってくる
    朝、「おはよう」 さあ! みんな活動します。  生きていることの喜びを感じます

    この絵本は絵を見ているだけで元気をもらえる絵本です
    こどもたちにも  大人にも読んでほしい絵本です
    荒井さんの思いが伝わります

    「あさになって まどをあけますよ」
    荒井さんの元気な声が聞こえてきそうです・・・・・ 

    投稿日:2012/01/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 美しい! 感動しました!!

    荒井さんにはたいへん失礼なのですが、数々の絵本をどうしても進んで購入したいと思えないでいました。しかし!これは違いました。表紙から何かを訴えているように感じ、ページをめくると美しい絵が輝いているではありませんか。
    きれいな絵ときれいなメッセージから、たくさんの力を得たように思います。
    またまた、絵本の力を実感しました。

    ていねいにていねいに読みたい絵本の1冊です。

    投稿日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひとめぼれ

    絵本ナビの新刊情報にあった表紙の絵にまず一目惚れして
    雑誌の紹介コーナーに載ってた山の絵にまた感動して
    本屋で開いて自分のものにしたくなって買いました。
    とにかく絵がきれいで、ゴッホとかモネみたいな明るい色彩で、
    何回も開いて眺めていたくなります。
    文章は少ないですが、荒井さんの込めた深いメッセージがしみてきます。
    まだ子どもは0才ですが、
    朝の機嫌いいときについこの本を読み聞かせてしまいます。

    プレゼントに贈るにもいいかもしれません。

    投稿日:2012/01/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 風景が美しい

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    書店に行ったら荒井良二さんの新作が並んでいて
    ついつい購入してしまいました。

    書名の通り、朝窓を開けた時の風景が見開きページ一杯に描かれています。
    窓を開ける人のいる風景、窓を開けた時に見える風景
    どちらも朝の陽ざしにあたった街並みや自然が清々しいです。

    荒井さんが震災後に書き下ろした初の本とのことですが
    きっと自然の営みを慈しみ感謝して、また希望を持って生きていこう
    というメッセージなのでしょう。

    この本は、子供は興味を持たなくても私がほしいからと買いましたが、
    小1の次男がとても気に入っていています。
    本物の絵は子供もひきつけるのだと改めて感じました。

    投稿日:2012/01/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 荒井良二さんの描く絵本が好きなので、こちらの本は娘に読み聞かせながらも、ほぼ自分の為に読みました。

    表紙からしてインパクト大な独特のタッチと色使い。それだけで心を掴まれました。そしてページを開くと次々と目に飛び込んでくる美しい情景。思わず見入ってしまいます。

    「うみはやっぱりそこにいて そらはやっぱりそこにある」
    「だから ぼくは(わたしは) ここがすき」。

    当たり前の日常が当たり前なんかではないこと。毎日奇跡みたいな日々を過ごしていること。どんなにつらく悲しい時も、それでもやっぱり朝が来るということ。生きるということ。短い文章の中にたくさんの想いが詰まっているように感じました。

    投稿日:2021/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵本

    表紙からとにかく絵が綺麗です。
    絵は油絵でしょうか?1ページ1ページの絵が丁寧で美しく、絵画を見ているような気持ちで、ページをめくりました。

    あさになったのでまどをあけますよ。

    ごく当たり前の日常の行動からこんな絵本が生まれるなんて素敵ですね。

    投稿日:2020/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵画として楽しむ絵本。

    子供には3歳ごろ読み聞かせてみましたが、全然響かないようで最後まで読んでやれませんでした。
    なので、改めて私が自分のために手に取りました。
    この作品は「読む」というより、素晴らしい窓からの様々な景色を堪能するためのもの、という感じがします。
    例えば、「絵画」を美術館で鑑賞するような感じ。
    そのくせ、このイラストからは「風」とか「雰囲気」とか空気を感じさせる不思議な解放感も一緒に感じることができる。

    きっと、世界にはこんなふうにいろいろな「窓の外」が存在している。でも、どんな素晴らしい「窓の外」をもっていても、今は疫病によってこんなにどこもかしこも真っ暗。
    世界の本当の色彩が、この絵本の通りに、戻ってくる日はいつでしょうか。「希望」を象徴するような絵本だと思う。

    投稿日:2020/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙があふれました

    初めてこの絵本を読んだとき、感動で震えたことを覚えています。
    悲しい物語ではないのに、
    最後のページを読み終えた後、涙が溢れ出しました。
    毎日、同じ場所で、朝を迎えることがいかに幸せか、
    当たり前のようでいて、どんなに嬉しいことなのか、
    この絵本を読んで気がつきました。
    すばらしい絵本に出会うことができて、よかったです。

    投稿日:2018/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美術館鑑賞

    図書館のおすすめコーナーにあったので、借りてきました。タイトルにもある通り、朝になったので窓をあけると、そこには街や山や海などの景色が広がります。文章は少なめで、絵を鑑賞する感覚でした。油絵で、実に表現豊かに描かれています。街は賑やかな雰囲気が伝わってくるし、山は雄大にどっしりとしています。一番好きなのは、海のページです。晴れているけど雨が降ってる。だから曇りがちな空なんだけど、その雲が上手く描けているな〜(プロなので当たり前ですが)と見入ってしまいました。最近は子供が小さく、美術館に行けないので、是非とも本棚に加えたい一冊だと思いました。子供達が眠った後にカフェオレでも飲みながら、ゆっくり鑑賞したいです。

    投稿日:2016/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「いつもどおり」のしあわせ

     朝が来る、というのは当たり前のことだと思っていました。当たり前、は、取るに足らないどうでもいいことと。
     でもそれは違うのですね。当たり前に朝がきて、当たり前に町があって人がいて・・・それら一切はかけがえのない奇跡なのだと気付かされました。震災で多くを失った今だからこそ、当たり前だと思っていたことのすべては、かけがえのない大切なものだったのだと気付かされた。そして、「いつもどおり」ということがどれほど幸せなことかということも。幸せとはお金でも名誉でもなく、「いつもどおり」がちゃんとあること。いつもどおりというしあわせ。
     タイトルでもある「あさになったのでまどをあけますよ」が繰り返されますが、これもいいです。朝になったら窓を開ける、というのは基本動作なんだなと(自分なぞ朝昼関係なく窓閉めっぱなしで・・・)。日本人的な自然観が感じられていいです。朝日を浴びたようなあかるい画面は印象派の絵画のようで美しい。飾らないやさしい言葉のひとつひとつも好きになれます。
     これはできれば借りて読むではなく、買って手元に置いておきたい本です。なんとはなしに手に取ってぱらっとめくっては癒される・・・そんな一冊になりそうです。絵で、言葉で、癒され、元気づけられる絵本です。

    投稿日:2016/11/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あさになったので まどをあけますよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / おじいちゃんの ごくらくごくらく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


絵本が教えてくれる国際基準の性教育『女の子のからだえほん』

全ページためしよみ
年齢別絵本セット