もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

鬼ガ山」 大人が読んだ みんなの声

鬼ガ山 作・絵:毛利まさみち
出版社:絵本塾出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784904716670
評価スコア 3.8
評価ランキング 36,977
みんなの声 総数 9
「鬼ガ山」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 鬼=山

    切り絵作家による創作昔話ですが、作者自身の体験も盛り込まれているようですね。
    弱虫の勝平は、年上の勝気な千代と、鬼が住んでいるといわれる鬼ガ山に出かけるのですね。
    千代の手前ということもあり、勝平の勇気が引き出されたのでしょうか。
    頼もしい限りですね。
    山そのものが鬼という意外な展開も、妙に説得力があります。
    切り絵独特の絵の力強さ、配色の鮮やかさが魅力だと思います。
    小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2018/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふたりの冒険物語

    ももたろうのお話かな?
    と思いましたが、全く異なる物語でした。

    主役ふたりが、男の子と女の子というところも珍しいです。

    ふたりの冒険物語が、
    味のあるイラスト(切り絵)で丁寧に描かれています。

    眠る前の読み聞かせに向きそうな絵本です。

    投稿日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姉さん女房

    一つ年上の千代は、やっぱりしっかりしていて子供心に、かっぺいのお嫁さんになりたいと告白する微笑ましいシーンが好きです。弱虫のかっぱいを強くした千代の愛が素晴しいです。いざと言う時には、たとえ強がりでもかっぱいは男の子だと思いました。出来たら、子どもも生まれて幸せに暮らしたところが知りたいと思いました。

    投稿日:2013/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいですが・・・うーん

    全ページで読んで。

    目に入り易く、色がきれいな切り絵ですが、
    私はどうしてもモチモチの木の滝平二郎さんの
    力強い切り絵のイメージを彷彿してしまい、
    そちらと比べてしまうとどうしても
    見劣りしてしまう感がぬぐえませんでした。

    絵からオチも分かってしまい、
    話の展開も読めてしまいました。
    あっさり読める昔話というところでしょうか。

    投稿日:2011/12/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「鬼ガ山」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット